So-net無料ブログ作成
2019年07月14日 | 2019年07月20日 |- ブログトップ

【富山】らいちょう温泉/雷鳥荘 [温泉【富山】]

2018年9月27日(木)。
本日のお宿、らいちょう温泉の雷鳥荘です。
富山県立山町にある温泉宿で、
近くにあるみくりが池温泉とほぼ同じ標高2,400mほどの高さにあります。
地獄谷を挟んで反対側にあるイメージです。
室堂のバスターミナルからは、徒歩で30~40分程の距離にあります。
ここ立山ではちょうどこの時期が紅葉の見ごろで、
途中のバス内からはキレイな紅葉が見れましたが、
室堂に近づくにつれ雲が濃くなり、
山の中腹以上ではガスっていて周りが全く見えないくらいでした。
そして標高が2,400mもあるので、この時期で既に吐く息が白い!
でも、雷鳥を間近で観れたのでラッキーでした。


IMG_9837.jpg
こちらが宿の外観です。
低層の建物で横に長い造りになっています。
らいちょう温泉雷鳥荘には、
・内湯(男女)
内湯のみの浴槽になっています。
ただ、内湯が2階構造で2つ浴室があって、
1階が普通の沸かし湯で2階が温泉という造りになっています。


IMG_9842.jpg
こちらが玄関です。
早速入ってみます。


IMG_9845.jpg
フロントは玄関を入ってすぐ右手にあります。


IMG_9847.jpg
玄関から入って右手側に建物が続いています。
通路に入ってすぐ左手に休憩スペースがあります。


IMG_9849.jpg
休憩スペースはかなり賑わっていました。


IMG_9850.jpg
奥に進むと客室エリアになります。


IMG_9853.jpg
今回宿泊するお部屋の扉です。


IMG_9873.jpg
こちらがお部屋の中です。
こちらの雷鳥荘は、個室の他に相部屋も用意されています。
個室は2名以上でないと利用できないので、
一人旅ですと相部屋での宿泊となります。
なつかしの2段ベッドですね。
個室と一人当たりの単価はほとんど変わらないので、
個室の方がコストパフォーマンスが高いです。


IMG_9852.jpg
荷物を置いたら早速温泉へ。
温泉は客室エリアの中程の階段を下りきった所にあります。


IMG_9855.jpg
階段はこんな感じです。


IMG_9857.jpg
階段を落ちた所の正面に自炊スペースがあります。
昔ながらの温泉宿という感じですね。
浴室はこの右手にあります。


IMG_9859.jpg
浴室の入口です。
左手が女湯、右手が男湯になっていました。


IMG_9861.jpg
男湯の入口です。


IMG_9868.jpg

温泉分析書
・泉温:72.5℃
・pH:?
・成分総計:1,440mg/kg
・泉質:酸性・含鉄(II)・硫黄-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(酸性・低張性・高温泉)
・泉質別適応症:アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、皮膚化濃症、末梢神経障害、切り傷、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症

みくりが池温泉の近くにある温泉ですが、
泉質は全く異なる温泉になっています。
みくりが池温泉は酸性単純温泉ですが、
こちらは酸性の硫黄泉でコテコテないかにもな硫黄泉ですが、含鉄泉でもあります。
みくりが池温泉の方は泥湯の様な特徴のあるお湯でしたが、
こちらは硫黄泉特有の硫化水素臭の漂うヌルツル感のあるお湯でした。
酸性なのでレモン汁の様な酸味がします。
ただ、そこまでヒリヒリする感じはしなかったです。
泉温も丁度良いくらいでした。


IMG_9869.jpg
浴室を入るとまず沸かし湯の浴槽があります。
沸かし湯なので普通のお風呂です。


IMG_9938.jpg
沸かし湯の浴槽の脇に洗い場が設置されています。


IMG_9936.jpg
温泉への入口は、
沸かし湯の浴槽の奥にあります。


IMG_9935.jpg
階段を上って行くと、


IMG_9915.jpg
こちらが温泉の浴槽です。
こちらは浴室全体が木造の造りになっています。
展望浴室になっているので、
窓がガラガラと片側に寄せて、
半露天風呂みたいに景色を見渡すことが出来ます。


IMG_9921.jpg
湯口です。
湯量はなかなか多いです。


IMG_9933.jpg
温泉の浴室は床も含めて木造りなので、
浴感は素晴らしかったです


IMG_9925.jpg
お湯の色は硫黄泉らしい乳白色らしい色です。


■夕食
IMG_9939.jpg
温泉につかったら温泉へ。
お食事処も建物中程の浴室とはまた別の階段を下りきった所にあります。


IMG_9940.jpg
浴槽に向かう階段とは少し雰囲気が違っています。


IMG_9941.jpg
階段を下りきった所を左に曲がります。


IMG_9942.jpg
こちらがお食事処。


IMG_9945.jpg
食堂タイプのお食事処です。


IMG_9948.jpg
席は決まっていて、一人ずつ案内はしていただけますが、
他の方と相席になります。


IMG_9953.jpg
こちらが夕食の品々です。
場所の割にはしっかりしたものが出てきて、
量が多くて味も満足でした。
想像以上でしたね。


■朝食
IMG_0274.jpg
こちらは翌朝の朝食です。
こちらもしっかりしたお料理が出てきました。
味も量も満足です。


■ガラパン's Check
浴槽は木造りなので、とても浴感が素晴らしかったです。
酸性の硫黄泉らしい硫化水素臭の漂う、ヌルツル感のある温泉でした。
みくりが池温泉とほぼ同じ標高2,400mほどの場所にあるので、
日本で一番高い場所にある温泉の一つなので、
それだけで秘湯感があります。
湯量はなかなかの量で、
常にけっこうな量のお湯が浴槽に注がれています。
登山客向けの宿泊施設ではありますが、
なかなかの温泉でした。
・ロケーション★★★★
・湯使い★★★★
・湯量★★★★
・秘湯度★★★★
・おすすめ度★★★★



■らいちょう温泉/雷鳥荘
HP:http://www.raichoso.com/index.htm
〒930-1406
富山県立山町芦峅寺125
TEL:076-463-1664/076-463-1539

・宿泊で利用

nice!(13)  コメント(0) 
2019年07月14日 | 2019年07月20日 |- ブログトップ