So-net無料ブログ作成

【富山】鐘釣温泉/洞窟風呂(鐘釣温泉旅館) [温泉【富山】]






2018年9月26日(木)。
鐘釣温泉にあります「洞窟風呂」に日帰り入浴で立ち寄りました。
鐘釣温泉は、富山県北アルプス立山連峰と後立山連峰に挟まれた
黒部峡谷の切り立った断崖にある一軒宿の温泉です。
宇奈月温泉のある宇奈月駅から欅平駅までを結ぶ
トロッコ列車の鐘釣駅で途中下車をします。
日帰り入浴の場合は、トロッコ列車は夕方の早い時間で終電が終わってしまうので、
帰りの時間には気を付けましょう。
こちらの洞窟風呂は、洞窟風呂がある河原の近くに建つ
「鐘釣温泉旅館」の入浴施設を兼ねていますが、
昼間は無料で開放されています。


IMG_9125.jpg
こちらがその鐘釣温泉旅館の外観です。


IMG_9119.jpg
こちらがトロッコ列車の鐘釣駅です。
欅平方面の列車は駅の構内でスイッチバックをするという大変珍しい構造をしています。
写真はスイッチバック後に欅平に向かうトロッコ列車です。


IMG_9120.jpg
駅の改札を出たら、そのまま道なりに通路を欅平方面に進んでいきます。


IMG_9122.jpg
河原までの通路は整備されていて、
比較的歩きやすいですね。


IMG_9211.jpg
道の途中には観光名所にもなっている、
万年雪を観ることも出来ます。
でも、本当にちょこっとしか万年雪が残っていないので、
期待するとガッカリするかもしれませんw


IMG_9127.jpg
鐘釣温泉旅館の前を通り過ぎていきます。
この階段を登ると、


IMG_9129.jpg
河原へ降りる傾斜道に入ります。


IMG_9130.jpg
ほどなく河原が見えてきます。


IMG_9204.jpg
河原に降りる道の途中にこの様な案内板が掲示されていて、
その日の河原の状態と入れる温泉についての案内が書かれています。
この日は秋口にも関わらず川の水量が多くて、
河原の露天風呂は入れない状態でした。
残念!
でも、本命の洞窟風呂は入れるので良かったです。


■露天風呂
IMG_9197.jpg
河原の露天風呂と思しき場所です。
川が増水していて入れない感じですね。


■岩風呂
IMG_9185.jpg
岩風呂の方は入浴が可能な状態でした。
ただ、こちらは浅いので入浴と行っても、
足湯かぜいぜい半身浴といった感じになります。


IMG_9187.jpg
足湯につかれる場所は河原の端の山肌側にあります。
場所的にちょうど洞窟風呂の外側に位置していて、
洞窟風呂からの余り湯が川に流れるまでの温泉を利用した場所になっています。


■洞窟風呂
IMG_9132.jpg
河原の手前にある、
左側のホロ付きのテントが洞窟風呂に入る方のためのテントです。
この先、右側がそのまま河原に降りる通路になっています。


IMG_9181.jpg
左に曲がって、テントを回り込む様に進みます。
ちょうど裏側にテントの入口があります。


IMG_9173.jpg
テントの中の様子です。
男女共用ですが、
女性は水着もOKなようですので比較的入りやすい環境だと思います。


・温泉分析書
温泉分析書は掲示されていなかったので詳しい泉質は不明ですが、
弱アルカリ性の単純温泉とのことです。
泉温はぬるめで40℃くらいでしょうか。
源泉が直接浴槽の中に湧出しているせいか、
かすかに硫黄の硫化水素臭がします。
味は無味で、比較的飲み易い温泉でした。
青みがかった透明なお湯で、湯の花は特にありませんでした。
お湯の感触はツルツルした感じです。


IMG_9140.jpg
テントの入口から出てすぐ正面左手に洞窟風呂に降りる階段があります。


IMG_9142.jpg
傾斜があって、しかも天然の岩でゴツゴツしているので、
屈みながら降りて行く形でケガしないように注意が必要です。


IMG_9172.jpg
河原側はこんな感じです。
コンクリートの間仕切りで囲われています。


IMG_9155.jpg
そして、こちらが「洞窟風呂」です。
天然の洞窟感満点ですね。
お湯の色は青みがかった透明な色でした。


IMG_9158.jpg
洞窟の中側です。
奥行きはほとんどありません。


IMG_9167.jpg
洞窟の左奥に源泉の湧出してる場所があります。
ご覧の様に常に温泉が湧き出ているので、熱でぼやけた感じになっています。
手をかざすとブワーッと源泉が湧出しているのを実感できます!
泉温はぬるめで、38~40℃くらいでしょうか。
長湯に適していますね。


IMG_9169.jpg
浴槽はけっこう深めで、
胸くらいの深さがありました。
正に天然の岩風呂です!


IMG_9157.jpg
河原側の眺めです。
コンクリートが無いと
河原側から見えてしまうので、設置している感じですね。


■ガラパン's Check
黒部峡谷を流れる黒部川の河原にあって、
トロッコ列車でしか行くことが出来ないので、
秘境感溢れる温泉です。
浴槽の中から源泉が直接湧き出しているので、
とても新鮮な温泉につかることが出来ます。
手をかざすと勢いよく源泉が湧出しているのが感じ取れるので、
湯量もかなり多いです。
鐘釣温泉旅館の入浴施設としても使用されていますが、
日中は利用している人はほとんどいなさそうでした。
奥行きはありませんが、天然の洞窟感があって、
入り甲斐のある温泉です。
ロケーション★★★★
湯使い★★★★★
湯量★★★★
秘湯度★★★★★
おすすめ度★★★★★


■鐘釣温泉/洞窟風呂(鐘釣温泉旅館)
下新川郡宇奈月町奥黒部
TEL:0765-62-1103

・日帰り入浴で利用
営業時間:トロッコ列車の営業時間内※冬季はトロッコ列車が運行していないため閉鎖。
入浴料:無料




nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行