So-net無料ブログ作成

【和歌山】南紀勝浦温泉/ホテル中の島 [温泉【和歌山】]

2018年1月2日(火)。
和歌山県は紀伊勝浦にあります、南紀勝浦温泉の「ホテル中の島」に日帰り入浴で立ち寄りました。
南紀勝浦温泉は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町ございまして、
元々は勝浦温泉の呼称でしたが千葉県の勝浦と区別するために、
近年では南紀勝浦温泉という名称が一般的に使用されています。
南紀白浜と並ぶ和歌山県を代表する温泉地で、
そしてこちらの「ホテル中の島」は、
紀の松島と呼ばれる風光明媚な海の湾内の小島に湧く温泉です。
島が丸ごと全部ホテルの敷地になっていて、
島を取り囲む様にホテルの施設が建てられています。


IMG_0585.jpg
ホテル専用の送迎ボートでしか行くことが出来ない、
特別な場所にあります。
こちらの「ホテル中の島」には、
・内湯(男女)
・絶景露天風呂『紀州潮聞之湯』(男女)
2つの浴室があります。
内湯と露天風呂は浴室の中で連絡通路で繋がっています。


IMG_0328.jpg
まずは勝浦港にあるボート乗り場を目指します。
ボート乗り場は、JRの紀伊勝浦駅から商店街のアーケードを通り抜けた先にある勝浦港の
向かって左手側にあります。
こちらのボート乗り場は、
同じ南紀勝浦温泉の「ホテル浦島」との共同のボート乗り場になっています。


IMG_0334.jpg
ボート乗り場の桟橋です。
左手前側が「ホテル中の島」、左奥側が「ホテル浦島」の乗り場になっています。
ちなみに、両方共にボートでしか行くことのできない温泉宿で、
「ホテル中の島」は湾内の独立した小島、
「ホテル浦島」は湾の半島の先端部分で一応陸続き、
という立地になっています。


IMG_0599.jpg
「ホテル中の島」のボートです。
こちらで10分程で旅館に到着です。


IMG_0572.jpg
到着しました。
ホテルの従業員の方々がお出迎えしてくれます。


IMG_0579.jpg
船着き場のすぐ正面にホテルの玄関があります。


IMG_0356.jpg
玄関を入った所です。
正月なので、鏡餅がありました。


IMG_0359.jpg
フロントは、玄関を入って左手にあります。


IMG_0360.jpg
フロントです。
まだ時間が早いので、かなり空いてました。


IMG_0361.jpg
温泉は、フロントは逆側の玄関から入って右手奥にあります。


IMG_0363.jpg
玄関を入って、すぐ右手にはロビーがあります。


IMG_0367.jpg
ホテルの外観が描かれた絵もあります。
小島を一周して取り囲む様にホテルが建てられているのがわかると思います。


IMG_0369.jpg
曲がりくねった角を抜け


IMG_0373.jpg
ホテル内のスナック店を通り過ぎ、


IMG_0377.jpg
通路が突き当たって左に曲がった所に内湯の浴室の入口があります。
男湯が左側、女湯が右側になっています。


IMG_0571.jpg
暖簾をくぐると階段があって、2階に上がります。


IMG_0527.jpg
階段を上がって、すぐ左手に浴室があります。


IMG_0525.jpg
上記の入口とは別に、露天風呂専用の入口もありますので、
そちらもご案内します。
内湯の入口を通り過ぎて、
そのまま通路を奥に行くとトンネルがあります。


IMG_0519.jpg
トンネルを抜けた先の右手に露天風呂専用の入口があります。


IMG_0515.jpg
こちらが露天風呂側の浴室の入口です。
入口は2つありますが、
中で繋がっているので、どちらを利用しても問題ありません。


IMG_0507.jpg
温泉分析書。
泉温:50.3℃
pH:7.7
成分総計:9,713mg/kg
泉質名:含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉(硫黄型)(弱アルカリ性・等張性・高温泉)
泉質別適応症:アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化濃症、冷え性、皮膚乾燥症

成分総計の量が多く塩類泉の濃度が濃いめの硫黄型の硫黄泉です。
陰イオンである硫化水素イオンが主成分の硫黄型ではありますが、
硫化水素ガスも1.1mgと療養泉の基準値の半分以上を含んでいることから、
硫黄臭もかなりします。
硫黄泉で成分総計の量が約10,000mg/kg近くもあるので、
泉質自体は珍しくありませんが、組み合わせとしては珍しいタイプの泉質ですね。
成分総計の量は劣りますが、青森の三内温泉と同じ泉質です。
弱アルカリ性に加えて硫黄泉でもあるので美肌効果があり、
塩化物泉で保湿効果でコーティングもしてくれる泉質の温泉です。
島内に6本も源泉があり、毎分560ℓ・一日で800tもの湯量を誇ります。
味は食塩泉の甘しょっぱい味がします。
トロみがあり、ツルツルのお湯の感触でした。
時間が経つと乳白色のにごり湯になっていることもありますが、
この日は清掃直後の時間に取材させていただきましたので、
お湯が新鮮な状態で、青みがかった透明なお湯でした。


IMG_0540.jpg
こちらが内湯です。
大きな浴槽で、窓も大きくなっており、
内湯からでもすぐ外の勝浦港の海の景観を楽しむことが出来ます。


IMG_0561.jpg
湯口です。
湯量はかなり豊富で、ドバドバかけ流されていました。


IMG_0550.jpg
お湯の色は源泉かけ流しで源泉に近い位置にあるので、
とても新鮮で青っぽい透明なお湯でした。


IMG_0564.jpg
内湯の洗い場の片隅に、露天風呂に通じる通路の出入り口があります。


IMG_0566.jpg
扉を出ると、すぐに下に降りる階段があります。


IMG_0569.jpg
階段を下りると、トンネルの通路が続いています。
この先に露天風呂があります。


IMG_0498.jpg
そしてそして、こちらが絶景露天風呂『紀州潮聞之湯』です!
海の波打ち際に露天風呂がせり出す形で浴槽が造られています。
岩風呂の浴槽で、棚田の様に3段に浴槽が分かれています。
それぞれ浴槽の泉温が違っています。


IMG_0385.jpg
上段の洞窟風呂の奥から湧出する温泉のお湯が段状の浴槽に上から順番にかけ流されており、
そのため上段の洞窟風呂が熱め、中段が適温、下段がぬるま湯となっています。


IMG_0479.jpg
露天風呂にもちゃんと洗い場が設置されています。
ただ、完全に屋外にあるので、冬は寒いかもしれませんね。


IMG_0412.jpg
上段はご覧の様な洞窟風呂になっています。


IMG_0422.jpg
洞窟風呂の内側です。
照明はありませんが、意外と明るいです。


IMG_0432.jpg
壁側の真ん中辺に湯口があって、
常にボコボコと音を立ててお湯が湧出しています。
洞窟風呂なので、ボコボコという音が反響してとても臨場感があります!
湯量はとっても多いですね。


IMG_0441.jpg
お湯の色は青みがかった透明なお湯でした。
硫黄泉で透明感があるのは、新鮮なお湯である証拠です。


IMG_0452.jpg
洞窟風呂から外の海側の眺めです。


IMG_0458.jpg
中段の浴槽から、外海の方角の眺めです。
露天風呂の前の海が遊覧船の運行ルートになっているので、
たまに遊覧船が通過するシーンを眺めることも出来ます。
ただし、こちらから見えるということは、向こうからも丸見えなのですw
ちなみに、男湯と女湯で、
男湯は内湯が2階で露天風呂は1階、
女湯は内湯が1階で露天風呂は2階という感じで、
クロスしている構造になっているようです。


IMG_0474.jpg
露天風呂の浴槽から身を乗り出すと、
こんな風景です。
内海なので、比較的に波は穏やかです。
さざなみの音を聞きながらお湯につかることが出来ます。


IMG_0470.jpg
中段の浴槽の奥側です。
写ってはいませんがこの右手に内湯に繋がる通路があり、
内湯から来る場合はここに出てきます。


IMG_0398.jpg
左側の浴槽が一番下の下段の浴槽です。
泉温は、かなりぬるくなっているので長湯をしたい場合にこちらの浴槽につかると良いですね。


IMG_0460.jpg
天気も快晴で、
絶好の露天風呂日和になりました。
中段の浴槽が一番浴感が良かったです。


ガラパン's Check
紀の松島と呼ばれる風光明媚な海の波打ち際に露天風呂があり、
何時間でもつかっていたいと思えるほどロケーションは抜群です。
湯量がとても多く毎分560ℓ・一日で800tもの湯量で、
常にドバドバ・ボコボコとお湯が提供されています。
湾内の小島にあり、秘境という程ではありませんが、
秘湯の雰囲気は充分に味わうことが出来るでしょう。
また、ホテルのある島の頂上には展望台などもあって、
絶景を眺めることが出来るのもポイントです。
送迎のボートでしか行くことが出来ないということで、
ボートに乗るところからテンションが上がります。
日帰りの場合、入浴料がかなり高いですが、
送迎ボートの維持管理費等を考慮すると仕方がないですね。
なので宿泊向きの温泉ということで宿泊の方がよりおすすめですが、
日帰り入浴でも高い値段を補って余りある温泉だと思います。
ぜひぜひ一押しの温泉宿です。
ロケーション:★★★★★
湯使い:★★★★
湯量:★★★★★
秘湯度:★★★★
おすすめ度:★★★★★


■南紀勝浦温泉/ホテル中の島
HP:http://www.hotel-nakanoshima.jp/
〒649-5334
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦1179-9
TEL:0735-52-1111

・日帰り入浴で利用
営業時間:15:00~20:00
入浴料:大人(中学生以上)2,000円 小学生1,000円 幼児無料


nice!(11)  コメント(2)