So-net無料ブログ作成

【秋田】新玉川温泉 [温泉【秋田】]

去る2017年8月15日(火)。
新玉川温泉に日帰り入浴で立ち寄りました。
秋田県仙北市田沢湖玉川にありまして、
同じ系列の玉川温泉から車で5分程の近い距離にあります。
玉川温泉の駐車場がいっぱいになると、
こちらの新玉川温泉の駐車場に止めて、
送迎の車で送り迎えしてもらうこともあります。
温泉の源泉につきましても、同じ源泉を使用しています。
なので、こちらでも日本一の強酸性の温泉につかることが出来ます。


IMG_7418.jpg
こちらが宿の外観です。
新と付いているだけあって、
本家の玉川温泉に比べると比較的新しい温泉宿です。
宿の客室のキャパもこちらの方がかなり多いと思われます。


IMG_7373.jpg
玄関口です。


IMG_7376.jpg
玄関を入ってすぐ右手にフロントがあります。
こちらで受付をしますが、その前に


IMG_7377.jpg
日帰り入浴の場合は、
正面奥にあります券売機でチケットを購入します。


IMG_7379.jpg
温泉棟はフロントから右手の通路の奥にあります。


IMG_7380.jpg
通路は途中で一度曲がりくねった場所がありますが、
気にせずズズイっと進んでいきます。


IMG_7381.jpg
さらに通路は続きます。


IMG_7382.jpg
温泉棟に到着。
通路の突き当りに大浴場があります。


IMG_7383.jpg
手前側が男湯、奥側が女湯になっていました。


IMG_7390.jpg
温泉分析書。
泉温:97.3℃
pH:1.13
成分総計:5,568mg/kg
泉質:酸性・含二酸化炭素・鉄(Ⅱ)-塩化物温泉(酸性・等張性・高温泉)
源泉は、玉川温泉と同じ源泉を使用しています。
つまり「大墳」から湧出する日本一の強酸性の温泉ということになります。
泉質として、強酸性で二酸化炭素泉と鉄泉を同時に満たすという
珍しい泉質となっています。
ただ、二酸化炭素泉は高温だと気が抜けやすい性質で、
こちらの源泉温度が97.3℃ですので、
源泉から湧出した瞬間にほとんど気が抜けてしまっている状態と思われます。


IMG_7391.jpg
大浴場の様子です。
浴室全体が木造ですが、浴槽以外の床はタイル張りになっていました。


IMG_7393.jpg
こちらが浴室右側です。


IMG_7416.jpg
浴室の手前側にかけ湯用の浴槽があります。
かなり細長いですね。


IMG_7400.jpg
源泉100%の浴槽は浴室の真ん中に配置されています。
こちらでも一番大きな浴槽となっていました。


IMG_7395.jpg
浴室の一番右手前に、弱酸性の浴槽。
玉川温泉と同じくこちらでも一番小さな浴槽でした。


IMG_7396.jpg
その奥側に、熱い湯の浴槽。


IMG_7397.jpg
さらにその奥に、源泉50%の浴槽。


IMG_7398.jpg
一番奥の浴槽が、ぬるい湯の浴槽となっています。


IMG_7402.jpg
浴室の右奥には、むし湯。
いわゆる箱蒸風呂ですね。
箱蒸風呂は、首から下が箱の中に入り、中はスチームサウナみたいになっています。


IMG_7403.jpg
むし湯の左側に、打たせ湯があります。


IMG_7404.jpg
そして、打たせ湯の左側に歩行浴があります。
歩行浴は、玉川温泉には無い浴槽なので新鮮味があります。


IMG_7406.jpg
歩行浴の浴槽は、胸下くらいまでの深さがあります。
歩行することによって、プールでの歩行浴と同じような効果がありそうですね。


IMG_7408.jpg
歩行浴のさらに左側に蒸気浴があります。
蒸気浴は、スチームサウナみたいなものです。


IMG_7413.jpg
左奥には浸頭湯があります。
浸頭湯は、いわゆるトド寝が出来る場所です。
寝湯よりは浅くて、床にヒタヒタのお湯があってそこに寝そべってお湯につかる方法ですね。


IMG_7414.jpg
浴室の左手前側に洗い場が並んでいます。


ガラパン's Check(総評)
内湯のみですが玉川温泉と比べても浴室の雰囲気は同じ雰囲気ではありますので、
湯治宿の雰囲気は味わうことが出来ます。
また、玉川温泉と同じ源泉を使用しており、源泉かけ流しですので湯使いは良いですね。
湯量は充分な量ですが、ドバドバという感じでは無いです。
玉川温泉に宿泊される方でしたらあえて併せて入浴する必要は無いですが、
日帰り入浴目的で玉川温泉に入浴できない方でしたら、
日本一の強酸性の同じ源泉を使用しているのでおすすめです。
温泉宿として玉川温泉と新玉川温泉のどちらが良いかというと、
目的や好みに応じて選択するのが良いですね。
湯治宿が好きなら玉川温泉、
新しめで設備が充実した宿が好きなら新玉川温泉という具合に使い分けるのが良いでしょう。
ロケーション:★★★
湯使い:★★★★★
湯量:★★★★
秘湯度:★★★
おすすめ度:★★★★


■新玉川温泉/新玉川温泉
HP:http://www.shintamagawa.jp/sp/index.html

〒014-1205
秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢
TEL:0187-58-3000

・日帰り入浴
営業時間:9:00~16:00(最終受付15:30まで)※冬季9:00~13:30
入浴料:800円


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行