So-net無料ブログ作成

【秋田】新玉川温泉 [温泉【秋田】]

去る2017年8月15日(火)。
新玉川温泉に日帰り入浴で立ち寄りました。
秋田県仙北市田沢湖玉川にありまして、
同じ系列の玉川温泉から車で5分程の近い距離にあります。
玉川温泉の駐車場がいっぱいになると、
こちらの新玉川温泉の駐車場に止めて、
送迎の車で送り迎えしてもらうこともあります。
温泉の源泉につきましても、同じ源泉を使用しています。
なので、こちらでも日本一の強酸性の温泉につかることが出来ます。


IMG_7418.jpg
こちらが宿の外観です。
新と付いているだけあって、
本家の玉川温泉に比べると比較的新しい温泉宿です。
宿の客室のキャパもこちらの方がかなり多いと思われます。


IMG_7373.jpg
玄関口です。


IMG_7376.jpg
玄関を入ってすぐ右手にフロントがあります。
こちらで受付をしますが、その前に


IMG_7377.jpg
日帰り入浴の場合は、
正面奥にあります券売機でチケットを購入します。


IMG_7379.jpg
温泉棟はフロントから右手の通路の奥にあります。


IMG_7380.jpg
通路は途中で一度曲がりくねった場所がありますが、
気にせずズズイっと進んでいきます。


IMG_7381.jpg
さらに通路は続きます。


IMG_7382.jpg
温泉棟に到着。
通路の突き当りに大浴場があります。


IMG_7383.jpg
手前側が男湯、奥側が女湯になっていました。


IMG_7390.jpg
温泉分析書。
泉温:97.3℃
pH:1.13
成分総計:5,568mg/kg
泉質:酸性・含二酸化炭素・鉄(Ⅱ)-塩化物温泉(酸性・中張性・高温泉)
源泉は、玉川温泉と同じ源泉を使用しています。
つまり「大墳」から湧出する日本一の強酸性の温泉ということになります。
泉質として、強酸性で二酸化炭素泉と鉄泉を同時に満たすという
珍しい泉質となっています。
ただ、二酸化炭素泉は高温だと気が抜けやすい性質で、
こちらの源泉温度が97.3℃ですので、
源泉から湧出した瞬間にほとんど気が抜けてしまっている状態と思われます。


IMG_7391.jpg
大浴場の様子です。
浴室全体が木造ですが、浴槽以外の床はタイル張りになっていました。


IMG_7393.jpg
こちらが浴室右側です。


IMG_7416.jpg
浴室の手前側にかけ湯用の浴槽があります。
かなり細長いですね。


IMG_7400.jpg
源泉100%の浴槽は浴室の真ん中に配置されています。
こちらでも一番大きな浴槽となっていました。


IMG_7395.jpg
浴室の一番右手前に、弱酸性の浴槽。
玉川温泉と同じくこちらでも一番小さな浴槽でした。


IMG_7396.jpg
その奥側に、熱い湯の浴槽。


IMG_7397.jpg
さらにその奥に、源泉50%の浴槽。


IMG_7398.jpg
一番奥の浴槽が、ぬるい湯の浴槽となっています。


IMG_7402.jpg
浴室の右奥には、むし湯。
いわゆる箱蒸風呂ですね。
箱蒸風呂は、首から下が箱の中に入り、中はスチームサウナみたいになっています。


IMG_7403.jpg
むし湯の左側に、打たせ湯があります。


IMG_7404.jpg
そして、打たせ湯の左側に歩行浴があります。
歩行浴は、玉川温泉には無い浴槽なので新鮮味があります。


IMG_7406.jpg
歩行浴の浴槽は、胸下くらいまでの深さがあります。
歩行することによって、プールでの歩行浴と同じような効果がありそうですね。


IMG_7408.jpg
歩行浴のさらに左側に蒸気浴があります。
蒸気浴は、スチームサウナみたいなものです。


IMG_7413.jpg
左奥には浸頭湯があります。
浸頭湯は、いわゆるトド寝が出来る場所です。
寝湯よりは浅くて、床にヒタヒタのお湯があってそこに寝そべってお湯につかる方法ですね。


IMG_7414.jpg
浴室の左手前側に洗い場が並んでいます。


ガラパン's Check(総評)
内湯のみですが玉川温泉と比べても浴室の雰囲気は同じ雰囲気ではありますので、
湯治宿の雰囲気は味わうことが出来ます。
また、玉川温泉と同じ源泉を使用しており、源泉かけ流しですので湯使いは良いですね。
湯量は充分な量ですが、ドバドバという感じでは無いです。
玉川温泉に宿泊される方でしたらあえて併せて入浴する必要は無いですが、
日帰り入浴目的で玉川温泉に入浴できない方でしたら、
日本一の強酸性の同じ源泉を使用しているのでおすすめです。
温泉宿として玉川温泉と新玉川温泉のどちらが良いかというと、
目的や好みに応じて選択するのが良いですね。
湯治宿が好きなら玉川温泉、
新しめで設備が充実した宿が好きなら新玉川温泉という具合に使い分けるのが良いでしょう。
ロケーション:★★★
湯使い:★★★★★
湯量:★★★★
秘湯度:★★★
おすすめ度:★★★★


■新玉川温泉/新玉川温泉
HP:http://www.shintamagawa.jp/sp/index.html

〒014-1205
秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢
TEL:0187-58-3000

・日帰り入浴
営業時間:9:00~16:00(最終受付15:30まで)※冬季9:00~13:30
入浴料:800円


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【秋田】玉川温泉 [温泉【秋田】]

2017年8月14日(月)
この日のお宿、玉川温泉です。
秋田県仙北市田沢湖玉川にある温泉地です。
近くに同じ系列の新玉川温泉もありますが、
新玉川温泉は新し目の温泉宿で、
こちらの玉川温泉は昔ながらの湯治宿としての位置づけとなっています。
源泉は、敷地内にある玉川温泉自然研究路の中にある「大墳」と呼ばれる温泉の川が源泉となっています。
温泉の成分として、日本一の強酸性で有名な酸性泉となっています。


IMG_6869.jpg
こちらが宿の外観です。
右側が宿泊棟で、左側が温泉棟になっています。
・内湯(男女別)
露天風呂はありません。
内湯の中に源泉100%、源泉50%、箱蒸湯、蒸気湯、寝湯、打たせ湯など、
バリエーションがあります。


IMG_7372.jpg
入口の脇には、「なまはげ」がw


IMG_6867.JPG
こちらが玄関です。


IMG_7371.jpg
玄関を入ってすぐ右手にフロントがあります。


IMG_7047.jpg
フロントの奥側にロビーがあります。


IMG_7046.jpg
フロントの反対側にある階段を上ります。


IMG_7050.jpg
階段を上った所です。
宿泊棟は階段を上って左手になります。


IMG_7051.jpg
奥に行くと階段がありますので、ここをさらに上ります。


IMG_7052.jpg
階段を上ると洗面所があって、
その先は通路と突き当りに憩い室があります。


IMG_7053.jpg
通路を右手に曲がったところです。
両側が客室になっています。


IMG_7055.jpg
途中に分かれ道があり、


IMG_7057.jpg
右に曲がった所に、今回宿泊するお部屋がありました。


IMG_7058.jpg
こちらがお部屋です。
6畳一間の簡素なお部屋です。
湯治の温泉宿という雰囲気満点ですね。


IMG_7060.jpg
温泉へは、フロントから階段を上った場所から右手に進みます。
渡り廊下を進んでいきます。


IMG_7061.jpg
渡り廊下を渡った所に、リラクゼーションのお店のスペースがあり、


IMG_7062.jpg
リラクゼーションのお店の脇には、
湯治相談室があります。
こちらには看護師の方が常駐されているそうで、
具合が悪い時や湯治に関しての相談が受けられるそうです。


IMG_7064.jpg
リラクゼーションのお店の向かい、
渡り廊下から渡ってきて右手前に下に降りる階段があるので、
階段を降りて行きます。


IMG_7065.jpg
階段を降りた所に大浴場の入口があります。


IMG_7081.jpg
・温泉分析書。
泉温:97.3℃
pH:1.13
成分総計:5,568mg/kg
泉質:酸性-含二酸化炭素・鉄(Ⅱ)-塩化物温泉(酸性・中張性・高温泉)
日本一の強酸性ということで、
肌に凄くヒリヒリとした刺激があります。
虻に刺されまくった体には非常に堪えて、
刺された傷跡を中心に物凄く沁みます。
さらにこれは私の体質のせいだと思うのですが、
温泉からあがった後に猛烈な痒みが襲ってきて、
体中を掻きむしりたい衝動にかられるほどでした(^_^;)
こんなことは初めてで、この玉川温泉と新玉川温泉に入った時だけでしたが、
それだけ肌への刺激が強いということだと思います。
お湯の感触は、トロみのある滑らかなヌルツルの温泉でした。
硫黄泉ではありませんが、硫黄臭もします。
この濃い酸性を薄めるために、
源泉100%の浴槽の他に源泉50%の浴槽や弱酸性の浴槽や気泡湯など、
バリエーションを楽しめる様になっています。


IMG_7362.jpg
こちらが浴室全体の雰囲気です。
内湯のみですが、天井が高いので広く感じますね。


IMG_7240.jpg
かけ湯用の浴槽。
浴室を入ってすぐ左手にあります。


IMG_7300.jpg
かけ湯の反対側の右手側に洗い場があります。


IMG_7246.jpg
その先の右手側にあります、
源泉100%の浴槽です。
浴槽の広さは一番大きいです。


IMG_7251.jpg
湯口です。
湯量は豊富です。


IMG_7253.jpg
ジャッカン黄色味がかったお湯で、
微かににごり味がありますね。


IMG_7254.jpg
源泉100%の浴槽の奥側に気泡湯があります。
いわゆるジャグジー風呂ですね。
ボコボコ気泡が沸いてます。


IMG_7265.jpg
気泡湯のさらに奥側に弱酸性の浴槽があります。
弱酸性といってますが、それでもかなり濃い酸性泉だと思います。


IMG_7272.jpg
浴室の左側に手前から
源泉50%浴槽。


IMG_7303.jpg
ぬる湯(源泉50%)


IMG_7318.jpg
あつ湯(源泉50%)


IMG_7285.jpg
さらに浴槽の奥のエリアには、
右側に
飲泉所と箱蒸湯。


IMG_7290.jpg
その隣に蒸気湯があります。


IMG_7292.jpg
そして一番奥に打たせ湯があります。


IMG_7326.jpg
左手側に
浸頭湯(寝湯よりも浅い、いわゆるトド寝みたいな感じです)。


IMG_7295.jpg
そして左奥側に寝湯となっています。


IMG_7168.jpgIMG_7169.jpg
大浴場の先にさらに通路が続いていてその先に
・足湯
・屋内岩盤浴
のエリアがあります。


IMG_7354.jpg
手前側に足湯があります。


IMG_7334.jpg
IMG_7340.jpg
こちらが足湯です。
屋根付きの露天風呂チックな感じですね。


IMG_7171.jpg
足湯からさらに奥に進むと


IMG_7172.jpg
屋内岩盤浴があります。


IMG_7173.jpg
中の様子です。
火山の地熱を利用した岩盤浴なので、
凄く効果がありそうですね。


IMG_7152.jpg
さて、食事の時間になったので食堂に向かいます。
食堂は温泉棟に向かう渡り廊下の手前に右手に分かれ道があります。
西館と南館と同じ方角です。


IMG_7157.jpg
通路を進んでいくと案内板があります。
食堂は1階にありますので、
この階段を降りて行きます。


IMG_7158.jpg
階段を降りた所です。
この右手が食堂です。


IMG_7159.jpg
食堂の入口です。


IMG_7164.jpg
入口を入って右手に食べ物をもらうスペース。


IMG_7163.jpg
入口を入って左手にドリンクの注文場所があります。


IMG_7166.jpg
食堂の座席はこんな感じです。


IMG_7161.jpg
こちらが夕食です。
メイン料理を1品、肉料理か魚料理で選択しまして、
その他の料理はビュッフェスタイルとなっています。
ありふれた感じのメニューですが、普通に美味しかったです。
ビュッフェスタイルなので量も満足でした。


IMG_7239.jpg
朝食は完全なバイキング形式でした。
和食が中心です。


・おまけ「玉川温泉園地自然研究路」
IMG_6887.jpg
玉川温泉に隣接する火山の噴気地帯と源泉湧出エリアです。
火山の噴気地帯に遊歩道が設置されて一周30分程で見学が出来ます。


IMG_6889.jpg
この様に遊歩道があって、とても歩きやすいです。


IMG_6893.jpg
すぐ近くの源泉から流れてきている温泉の川です。


IMG_7036.jpg
こちらが「大墳」と呼ばれる、
玉川温泉の主な源泉となる温泉の湧出場所です。
常にボコボコとものすごい勢いで源泉が湧出しています。


IMG_6917.jpg
なので、「大墳」の辺りはこの様な湯気で覆われています。

IMG_7038.jpg
この辺りは地熱も高いので、
天然の岩盤浴が楽しめるようで、
この様に地べたに寝転がっている人がけっこういました。


IMG_6941.jpg
奥には山肌に噴気孔が多数ある場所があります。
100以上もの噴気孔があるそうです。


IMG_6973.jpg
噴気孔の一つです。
形がエイリアンの卵みたいですねw


■ガラパン's Check(総評)
内湯のみということでロケーションは期待してはいけませんが、
浴槽全体が木造なので雰囲気は湯治の温泉宿の情緒があります。
また、源泉が湧出している「大墳」や噴気地帯を直に見学できるのは良いですね。
お湯の鮮度は敷地内に源泉が湧出している源泉100%なので文句なしですね。
逆に新鮮過ぎて酸性が強すぎて肌への刺激が強いので注意が必要です。
湯量も充分な湯量でした。
田沢湖から八幡平へ抜ける山道の途中にある谷間にありますので、
秘湯の秘湯の雰囲気も充分味わうことができます。
日本一の強酸性ということで一度は入ってみるのも良いと思います。
ロケーション:★★★
お湯の鮮度:★★★★★
湯量:★★★★
秘湯度:★★★★
おすすめ度:★★★★


■玉川温泉
HP:http://www.tamagawa-onsen.jp/

〒014-1205
秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢
TEL:0187-58-3000

・宿泊
日帰り入浴:不可(日帰り入浴は受け付けてないそうです)
※新玉川温泉と、ぶなの森玉川温泉は日帰り入浴も可



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【岩手】藤七温泉/彩雲荘 [温泉【岩手】]

去る2017年8月14日(月)、
岩手県八幡平市にあります、藤七温泉「彩雲荘」さんです。
日帰り入浴で立ち寄りました。
藤七温泉「彩雲荘」は十和田八幡平国立公園の指定地域にあり、
位置としては八幡平の頂上に近い所にあります。
岩手県ですが、秋田県との県境に位置しています。
標高1400mにある一軒宿の温泉です。
宿泊者専用として内湯・露天風呂(男女別)があり、
さらに日帰り入浴兼用で
・内湯(男女別):1
・混浴露天風呂:5
・女性専用露天:1
となっています。


IMG_6776.jpg
宿の外観です。
古めかしい温泉宿といった風情ですね。


IMG_6770.jpg
頂上から岩手県側に少し下った所に位置しています。
写真は八幡平の頂上付近で、この正面の山の斜面の左奥側にあります。


IMG_6777.jpg
そして宿の入口です。
早速入ってみます。


IMG_6866.jpg
入った所が売店になっていて、
入口を入って左手に受付のカウンターがあり、
こちらで受付をします。


IMG_6779.jpg
温泉棟の入口です。
温泉へは、
先ほどの受付のある入口を外に出て、
左手の通路の奥にあります。


IMG_6782.jpg
通路の奥の突き当りを右に曲がる所の左手に下駄箱があります。


IMG_6784.jpg
通路の突き当りに浴室入り口があります。
怪しいモニュメントがw
左手が男性、右手が女性になってます。


IMG_6787.jpg
温泉分析書。
泉温:87.0℃
pH:3.7
成分総計:120mg
泉質:単純硫黄温泉(硫化水素型)(弱酸性・低張性・高温泉)
典型的な硫黄泉ですね。
弱酸性なので、お肌にピリッとした刺激があります。
地獄と呼ばれる火山の噴気地帯にそのまま温泉が湧いているため、
足元湧出のとっても新鮮な生の源泉を味わうことが出来る貴重な温泉となっています。
湯船のあちこちで、ボコボコと音を立てて温泉が湧き出ているので、
温泉につかっている感を満喫できることでしょう。
そのためお湯の性質として泥湯となっており、
ヌルヌル、ツルツルした感触でお肌にもヌルツルをコーティングすることが出来ます。


IMG_6807.jpg
こちらが内湯です。
脱衣所を出てすぐが内湯になっています。
浴室全体が木造ですので、浴槽ももちろん木造です。


IMG_6818.jpg
IMG_6827.jpg
そして、こちらが露天風呂です。
上が左側、下が右側のエリアで右側が山頂方面になっています。
山肌に5つの混浴露天風呂と1つの女性専用露天風呂が点在しています。
女性は湯浴み着の着用が出来るので、安心して入れる環境になっています。


IMG_6849.jpg
一の湯だけ、じゃっかん離れた場所にあり、
山頂側に向かって通路を登って行きます。


IMG_6859.jpg
ちなみにこちらが一の湯の露天風呂です。
温度はかなり熱めで、露天風呂の中で一番熱かったと思います。


IMG_6865.jpg
硫黄泉らしい、乳白色のにごり湯です。


IMG_6842.jpg
こちらは真ん中辺にある、藤八の湯という露天風呂の浴槽です。
常に「シューッ」っていう音を立てて蒸気を噴き上げています。


IMG_6843.jpg
こんな感じで蒸気を噴き上げている縁が一番勢いよく温泉がボコボコ湧いて出てます。


IMG_6839.jpg
泥湯なので、浴槽の底には泥が堆積しています。
泥パックも可能な量ですね。
ただ、酸性の硫黄泉は湯ただれを起こしやすいので、
お肌がデリケートな方は泥パックは避けたほうがいいですね。

・総評
八幡平の頂上付近にあり、周りも高い木などが無く開けた場所にあるため、
露天風呂の開放感を存分に味わえます。
源泉が浴槽内の足元湧出で提供されている場所が多く、
源泉かけ流しを最も新鮮な状態で堪能することが出来ます。
そのため湯量もとても多いです。
周りに何もない一軒宿の温泉なので、
秘湯の雰囲気は味わえますが、
利用客は多めなので秘湯の雰囲気を気軽に味わいたい方におすすめです。
ロケーション:★★★★
お湯の鮮度:★★★★★
湯量:★★★★★
秘湯度:★★★★
おすすめ度:★★★★

■藤七温泉/彩雲荘
HP:http://www.toshichi.com/
〒028-7302
岩手県八幡平市松尾寄木北の又
TEL:090-1495-0950(衛星電話)

・日帰り入浴
営業:4月下旬~10月上旬(冬季休業)
営業時間:8:00~18:00
入浴料:600円


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行