So-net無料ブログ作成

【青森】温湯温泉/鶴の名湯 [温泉【青森】]

2017年6月4日(日)。
青森県黒石市にあります温湯温泉の「鶴の名湯」に入浴しました。
黒石温泉は、高速の東北自動車道の黒石ICから十和田湖方面に少し進んだところにある温泉地です。
温泉街の体は成していますが、鄙びた雰囲気の小規模な温泉街となっております。
「鶴の名湯」は、日帰り専門の温泉施設です。
元々は温湯温泉共同浴場という呼び名だったそうですが、
「鶴の名湯」という愛称が通り名となっています。


IMG_2742.jpg
こちらが建物の外観です。
温泉街の中心にあります。


IMG_2762.jpg
ちなみに、こちらが温泉街の入口です。


IMG_2749.jpg
さらに、「鶴の名湯」の近隣にはこんな鄙びた建物が立ち並んでいます。


IMG_2750.jpg
建物の外には大きなこけしがあって、目印になります。


IMG_2752.jpg
玄関です。


IMG_2753.jpg
脇には券売機があります。
こちらでチケットを購入。
入浴料は250円!
とっても安いですね。
お値段も共同浴場並みです。


IMG_2754.jpg
入口を入ってすぐ左手に受付のカウンターがあります。


IMG_2755.jpg
浴室の入口はフロントのすぐ近くで、
フロントを背にして左手にあります。
お年寄りの方が多く、街の共同浴場といった雰囲気でした。


IMG_2759.jpg
温泉分析書。
泉温:55.1℃
pH:8.2
成分総計:1,659mg/kg
泉温:ナトリウム-塩化物温泉(弱アルカリ性・低張性・高温泉)
温泉分析書による、隠れた成分として硫酸塩泉が19.31%含んでいるので、
硫酸塩泉の効果も期待が出来そうですね。


鶴の湯浴室1.jpg
※画像はフリー素材です。
こちらが浴槽です。
お湯の色が薄い緑色っぽい温泉でした。
浴槽は熱めと適温の2つの浴槽に仕切られていました。
熱めの方もそこまで熱くはなかったですね。


鶴の湯浴室2.jpg
※画像はフリー素材です。
湯口です。
浴槽が2つに仕切られている中間に設置されています。
湯量は豊富でドバドバ湯船にお湯が注がれていました。


■温湯温泉/鶴の名湯
HP:http://kuroishi.or.jp/stay_onsen/nuruyuonsen/nuruyuonsen_kyoudaouyokujo
・日帰り入浴
営業時間:4:00~22:00(年中無休)
入浴料:250円



nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行