So-net無料ブログ作成

【大分】別府 浜脇温泉/永石温泉 [温泉【大分】]

2017年1月3日(火)。
別府は浜脇温泉の「永石温泉」です。
別府八湯温泉道の78湯目、温泉道登録番号:6。
永石温泉は、別府市南町2丁目にあります市営の共同浴場で、
永石通りに面した場所にあり、
建物の外観は竹瓦温泉に似ていて純和風な古風な建物になっています。


DSCF4354.jpg
建物の外観です。
お寺のような佇まいですね。
もう時間は、22:00くらいの夜遅い時間になってました。
朝早くから夜遅くまでやっているので、便利ですね。
番台のおばあちゃんが人の良い親切な方でした。


0000158207.jpg
※画像はフリー素材です。
昼間はこんな感じです。


永石温泉玄関.jpg
※画像はフリー素材です。
玄関も風格がありますね。
扉の造りがしっかりしてました。


永石温泉温泉分析書.jpg
温泉分析書。
泉温:49.3℃
pH:8.1
成分総計:953mg
泉質:単純温泉(弱アルカリ性・低張性・高温泉)
こちらは他の浜脇温泉の源泉とは別の源泉を使用していますね。
わずかに1,000mgに満たないので、
泉質上は単純温泉ですが、
ほぼ療養泉と同じくらいの効果が期待できそうです。
療養泉だったと仮定した場合、
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉となります。
マグネシウムとカルシウムも療養泉に近い成分量を含んでいるので、
そちらの効果も期待できそうですね。
メタケイ酸も200mgと3桁以上含まれているので、
保湿効果も期待できます。


永石温泉脱衣所.jpg
※画像はフリー素材です。
浴室は、脱衣所と一体のタイプでした。
脱衣所から階段を下りた所に浴槽があります。


永石温泉浴室.jpg
永石温泉浴槽.jpg
こちらが浴槽です。
透明感はありますが、ジャッカン茶色っぽい色をしていました。
お湯の温度は、熱めでしたね。
鉄分も含まれていて金気臭がありましたので、温泉につかっている感を味わえます。
浴感はかなり良かったですね。
建物自体の情緒もあって雰囲気が良いので、
時間がたつのを忘れてしまいますw
そのためか、人気の温泉の様で、
営業時間終了間際の時間帯でしたが、
入浴されている方がたくさんいらっしゃいました。


■永石温泉
共同浴場。
営業時間:6:30~22:30
入浴料:100円