So-net無料ブログ作成

【青森】谷地温泉/谷地温泉 [温泉【青森】]

2017年6月4日(日)。
青森県十和田市にあります、谷地温泉に日帰り入浴で立ち寄りました。
谷地温泉は八甲田山系の高田大岳を望む中腹にある温泉地です。
近くには酸ヶ湯温泉、蔦温泉などがあります。


IMG_2477.jpg
こちらが建物の外観です。
木造2階建ての鄙びた感あふれる温泉宿です。


IMG_2501.jpg
こちらが玄関です。
早速入りましょう。
谷地温泉には、
・内湯(男女)
男女別の内湯が一つだけの浴室です。
浴室には下の湯、上の湯という2つの浴槽に加えて、
うたせ湯のスペースが内湯に隣接する形で別に造られていて、
洞窟風呂みたいに地下に少し下りた所にあります。


IMG_2497.jpg
正面向かいにフロントがあります。
手前がお土産屋さんスペースになってます。


IMG_2496.jpg
フロント向かって左手の通路側に券売機がありますので、
こちらで入浴券を購入します。


IMG_2495.jpg
温泉は、フロント左手の通路奥にあります。


IMG_2494.jpg
通路の入口の扉を入ってすぐに下駄箱がありますので、
こちらでスリッパに履き替えます。


IMG_2492.jpg
通路を奥まで行くと、
こちらの扉があります。
この扉を抜けると、


IMG_2490.jpg
すぐ右手にまた扉があります。
ここで建物が変わって、
温泉棟に移ります。


IMG_2488.jpg
温泉棟を入ってすぐ右手に男湯があります。
時間帯指定で17:30~20:30の間は女性専用になる時間になるそうです。


IMG_2483.jpg
温泉分析書。
泉温:37.4℃
pH:4.62
成分総計:636mg
泉質:単純硫黄温泉(硫化水素型)(弱酸性・低張性・温泉)
典型的な酸性の硫黄泉です。
硫化水素型でガス性の硫黄泉なので、
硫化水素特有の硫黄臭が強いです。
白い湯の華もたくさん舞ってました。
谷地温泉には4本の源泉があり、
下の湯、上の湯、うたせ湯、そしてかけ湯も温泉で、
混合湯で利用されています。


photo05.jpg
※画像はHPからお借りしました。
下の湯の浴槽です。
浴室の手前側にあります。
下の湯は38℃で、浴槽の下から源泉が湧出する、足元湧出の源泉です。
直に源泉が湧き出る新鮮な温泉なので、
硫黄泉ですがにごり湯ではなくにごり湯になる前の透明感のある青みがかった色をしていました。
浴槽はヒバの木製で、
温泉成分が沈殿して周りに白い成分が付着しています。
湯の花は大きめなのが舞ってました。
ツルッとした肌触りでした。
霊泉といわれる温泉に違わぬ、浴感の良い温泉でした。


photo04.jpg
※画像はHPからお借りしました。
こちらが上の湯の浴槽です。
下の湯と衝立を挟んだ奥側にあります。
上の湯は、別の源泉湧出地から引き湯していますので、白濁したお湯で、湯の花は上の湯の方がたくさん無数に舞ってました。
少しヌルっとした感触があります。


■谷地温泉/谷地温泉
HP:http://www.yachionsen.com/index.html
〒034-0303
青森県十和田市法量谷地1
TEL:0176-74-1188
・日帰り入浴
営業時間:10:00~17:00
入浴料:600円


スポンサードリンク


nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。