So-net無料ブログ作成

【山形】蔵王温泉/おおみや旅館 [温泉【山形】]

2017年4月30日(日)。
蔵王温泉の「おおみや旅館」に立ち寄り湯で入浴しました。
共同浴場の「上湯共同浴場」に隣接してすぐ奥に建っています。
ちょうど坂道を上がった所にあります。
「蔵王国際ホテル」および「蔵王四季のホテル」と姉妹館になっています。


IMG_7982.jpg
建物の外観です。
外観は普通な感じの旅館ですね。


IMG_8529.jpg
ところがどっこい、中に入ると純和風の旅館になっています!
このギャップには、ちょっとビックリしますねw
玄関を入って、すぐ右手にフロントがあります。
おおみや旅館には、
・内湯(男女)
・露天風呂(男女)
玉子風呂と露天風呂のある浴室と、
源泉風呂+泡風呂と露天風呂がある浴室とがあります。
玉子風呂が目当てでしたが、もう片方の浴室でした。
またの機会の楽しみにとっておきます。


IMG_8526.jpg
温泉は、フロントのすぐ傍の階段の脇に入り口があります。


IMG_8522.jpg
脱衣所です。
浴室も含めて純和風で統一した基調の内装になっていて、
非常に好感が持てました。


IMG_8433.jpg
温泉分析書。
泉温:53.3℃
pH:1.9
成分総計:2,634mg
泉質:酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(酸性・低調性・高温泉)
療養泉の基準には満たしていませんが、
鉄10.9mgに二酸化炭素491.6mgとかなりの量が含まれています。
そして、蔵王温泉はどこもpHが1点台の強酸性ですね。
硫黄泉でもありますので、ガンガン入ると湯あたりしてしまうのと、
湯ただれを可能性がありますので注意が必要ですね。


IMG_8514.jpg
浴槽に入って左手脇に洗い場があります。


IMG_8474.jpg
こちらが内湯です。
源泉風呂と泡風呂とで浴槽が分かれています。
源泉風呂はその名の通り源泉かけ流しのお湯で、
泡風呂はシルキーな人口の泡風呂になってます。
二酸化炭素の濃度が高いのを活かした浴槽ですね。


IMG_8498.jpg
こちらが源泉風呂の浴槽です。
湯量は豊富でした。
ジャッカン透明感が残っていて乳白色のお湯で、
湯の花もたくさん舞ってました。


IMG_8504.jpg
お湯は常に溢れている状態で、
湯量の豊富さが実感できます。


IMG_8485.jpg
こちらが泡風呂の浴槽です。
泡はボコボコした泡ではなく、ミクロの細かい泡になってました。


IMG_8493.jpg
泡でこちらの方がシルキーで白っぽい色をしていました。
滑らかで柔らかいお湯の感触でした。


IMG_8446.jpg
そして、内湯のすぐ外に露天風呂があります。
露天風呂ですが、屋根と壁で覆われていて、露天感は無く開放感は期待できません。
とはいえ、雰囲気は良いので、これはこれで有りかな~っと個人的には良かったです。


IMG_8462.jpg
湯口です。
露天風呂の方はしっかりにごり湯になっていました。


IMG_8455.jpg
浴槽は木で出来ているので、
浴感は良かったです。


IMG_8518.jpg
露天風呂の中から内湯側の眺めです。


■蔵王温泉/おおみや旅館
HP:http://www.oomiyaryokan.jp/
・立ち寄り湯
営業時間:要確認
入浴料:600円
〒990-2301
山形県山形市蔵王温泉46
TEL:023-694-2112


スポンサードリンク


nice!(52)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 52

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0