So-net無料ブログ作成

【群馬】伊香保温泉/松本楼 [温泉【群馬】]

2016年11月22日(日)、日帰り入浴で伊香保温泉の松本楼に入浴して参りました。


DSCF3635.JPG
渋川から伊香保に通じる県道33号線に面した温泉街の入り口付近の場所にあります。


DSCF3727.JPG
正面玄関です。


DSCF3721.JPGDSCF3718.JPG
玄関を入って、右手前側にエントランスがあってその奥にフロントがあります。


DSCF3707.JPG
フロントです。
こちらで受付をしまして


DSCF3705.JPG
エレベーターはフロントの左手にあります。


DSCF3641.JPG
2階です。
「松本楼」さんには「大黒の湯」(2階)と「吉祥の湯」(8階)という2か所のお風呂があります。
日帰り入浴の時間は、男性が2階の浴室になります。


DSCF3703.JPG
「大黒の湯」の入り口です。


DSCF3701.JPG
入るとこんな感じになってまして、下駄箱があります。


DSCF3699.JPGDSCF3700.JPG
脱衣所です。
大浴場に面したところがガラス張りになってます。


DSCF3709.JPG
DSCF3695.JPGDSCF3714.JPG
温泉分析書
■黄金の湯
泉温:41.6℃
pH:6.3
成分総計:1,050㎎
泉質名:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉(中性 低調性 高温泉)

■白銀の湯(ハーブの湯含む)
泉温:15.5℃
pH:6.0
成分総計:210mg
泉質名:メタケイ酸の含有量により温泉法第2条の温泉に該当(泉温・成分総計などの基準を満たさず、泉質名が付かない温泉となります。単純温泉でもありません。)

「松本楼」さんには、「黄金の湯」と「白銀の湯」の両方の温泉があります。
昔ながらの伊香保温泉の「黄金の湯」はもちろん、
「白銀の湯」もあって2種類の温泉を楽しめます。
ただ、「白銀の湯」はメタケイ酸の含有量が一定以上なので温泉法上は温泉になりますが、
療養泉ではありませんので泉質名は付きません。
「黄金の湯」は、金気臭で味は鉄分特有の苦みがします。
こちらは源泉かけ流しで、しかも加水・加温・循環濾過もしてないので、
たっぷりと温泉を味わうことができます。


IMG_0382.JPG
こちらが「大黒の湯」の大浴場です。
手前が「黄金の湯」奥に「白銀の湯」となってます。
「大黒の湯」にちなんで、大黒様の像も飾られています。
「黄金の湯」の方が浴槽がかなり小さいのが残念ですね。
湯量が限られているから仕方ないのかもしれませんね。


IMG_0381.JPG
「黄金の湯」。


IMG_0394.JPG
「白銀の湯」。


DSCF3663.JPG
露天風呂の「バーブの湯」です。


DSCF3677.JPGDSCF3676.JPG
露天風呂ですが、2階でしかも幹線道路に面しているので、
残念ながら見晴らしは期待できません(^_^;)
車の騒音もけっこう聞こえるので、
リラックスしてのんびりつかるというのは難しいですね。


DSCF3693.JPG
こんなブルーライトの演出でオシャレっぽくしているのは、
せめてもの雰囲気づくりという感じですね。
浴室自体もオシャレな造りではあります。


■松本楼
HP:http://www.matsumotoro.com/
・日帰り入浴
利用時間:11:30~14:00
入浴料:1,000円

伊香保温泉 ホテル松本楼

伊香保温泉 ホテル松本楼

  • 場所: 群馬県渋川市伊香保町伊香保164
  • 特色: 本当に寛いで下さったお客様の笑顔が松本楼の宝物。伝わりますか『優しさ』感じますか『ふれあい』



スポンサードリンク


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0