So-net無料ブログ作成

【愛媛】道後温泉/道後温泉本館 [温泉【愛媛】]

2016年10月23日(日)、今回の旅の最終日に「道後温泉本館」に入浴してきました。


DSCF3254.jpg
「道後温泉本館」は、愛媛県松山市の道後温泉の中心にある共同浴場で、
日本最古の名湯とうたわれています。
道後温泉は兵庫県の有馬温泉、和歌山県の白浜温泉と合わせて日本3古湯の1つに数えられています。
また、建物は国の重要文化財に指定されています。
傷を負った白鷺がこの湯で傷を癒したという伝説も残っているそうです。


DSCF3111.jpg
1番風呂を狙って、早起きしました。
朝の6:00からの営業でしたのでまだ暗がりの中30分ほど前に着きましたが、
既に並んでいる人が(^_^;)
みんな考えることは一緒ですねw


DSCF3113.jpg
6:00になると、「打太鼓」といって開館の合図で太鼓が3回打ち鳴らされます。


DSCF3248.jpg
平常時の入口はこんな感じです。


DSCF3250.jpg
入口の脇に、チケット売り場があります。
「神の湯」と「霊の湯」の2種類の浴室があって、
さらに「神の湯」には階下と2階席、
「霊の湯」には2階席と3階席があります。
また、別途皇室専用で使用されていた又新殿と呼ばれる浴室も見学ができます。
「霊の湯」ですと、「霊の湯」はもちろん「神の湯」にも入浴が出来ますので、
おすすめです。


DSCF3233.jpg
玄関を入ってすぐのこちらでチケットをもぎってもらいます。


DSCF3232.jpg
廊下の手前に「神の湯」の階下用の入口があります。
それ以外の「霊の湯」と「神の湯」の2階を利用する場合はそのまま廊下の奥まで行きます。


DSCF3227.jpg
奥まで行くと左手に階段がありますので上ります。


DSCF3225.jpg
階段を登ったところで、
「霊の湯」と「神の湯」に分かれています。
右手が「霊の湯」で、左手が「神の湯」になってます。


DSCF3135.jpg
「霊の湯」に下りる階段の右奥に、「霊の湯」の2階席があります。


DSCF3165.jpg
DSCF3164.jpg
「霊の湯」2階席です。
造りは同じ様な感じですが、「神の湯」に比べると、かなり小じんまりとしたお部屋になってます。


DSCF3179.jpg
窓の外はこんな感じになってます。


DSCF3131.jpg
入浴には、お茶とお菓子もセットで付いてきます。


DSCF3190.jpg
一人分のスペースがこちらです。
長居をするわけではないので、これでも充分でした。


DSCF3114.jpg
先ほどの「霊の湯」への階段を下りると脱衣所があります。


DSCF3313.jpg
温泉分析書。
泉温:47.8℃
pH:9.1
成分総計:268mg
泉質:単純温泉(アルカリ性 低張性 高温泉)
こちらの道後温泉本館は、源泉かけ流しとなっています。
ただし、愛媛県の条例で消毒目的で塩素が入ってますので、
本当の意味での源泉かけ流しとは異なります。
もったいないですが、利用客が多いので仕方がないのかもしれませんね。
無味無臭で塩素臭は気にならない程度でしたので、
気にしなければ気付かないと思います。
アルカリ性の濃度が高いですが、ヌルっとした感じは無く、
さらっとした肌触りでした。


DSCF3120.jpg
DSCF3118.jpg
そして、こちらが「霊の湯」です。
見事、1番風呂をゲット出来ました(*^^)v
そのせいもあって、浴感は良かったですね。
奇跡的に、5分くらいは一人でゆっくりお湯につかることが出来ました。
その後の人の波は凄くて、湯舟に入りきらない人の立待ちが異様な光景でした(^_^;)


DSCF3150.jpg
DSCF3142.jpg
その後、「神の湯」にも入浴をしに行きました。
こちらが「神の湯」の2階席です。
利用客が多いため、かなり広いですね。


DSCF3148.jpg
外側はこんな感じです。


DSCF3137.jpg
「神の湯」へ下りる階段です。
2階席の手前と奥に2か所階段があります。


DSCF3320.jpg
こちらが「神の湯」です。
利用客が多い「神の湯」ですが、お昼前の時間帯は比較的空いているのでおすすめだと思います。


DSCF3178.jpg
DSCF3217.jpg
「霊の湯」と「神の湯」に入浴後、
館内を散策しました。


DSCF3208.jpg
DSCF3201.jpg
DSCF3204.jpg
皇室専用で使用されていた「又新殿」と呼ばれる客室を見た後に、
こちらの坊ちゃん部屋を見学しました。


■総評
一番風呂をいただくことが出来たのもあって、
浴感はとても良かったですね。
温泉のお湯に関しては、
塩素が入ってしまうと温泉のお湯の性質が変わってしまうので、
せっかくの源泉がもったいないですが、
湯量は多くないので仕方がないのかもしれませんね。
よっぽど分かる人でなければ気付かないレベルだと思いますので、
私なんぞには充分良い温泉でした。

スポンサードリンク


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0