So-net無料ブログ作成

【香川】琴平温泉/琴平花壇 [温泉【香川】]

2016年10月22日(土)、金刀比羅宮にお参りした後に温泉につかりに琴平温泉の「琴平花壇」に日帰り入浴で立ち寄りました。


DSCF2837.jpg
琴平温泉は、香川県仲多度郡琴平町にある温泉地です。
金比羅宮(金比羅山)の麓の市街地にあります。
1997年に源泉が湧出したとのことですので、比較的歴史の浅い温泉地ですね。
その一方でこちらの「琴平花壇」さんは、なんと創業は江戸時代初頭の寛永4年(1627年)というとても歴史のある老舗の旅館です。
往年の文人にも親しまれたお宿とのことです。


DSCF2838.jpg
入口を入りますと、左手にフロントがあります。


DSCF2913.jpg
フロントの反対に小さめのロビーがありまして、
その奥に温泉に向かう通路に出る扉があります。


DSCF2909.jpg
いったん外に出て廊下を進むと、


DSCF2908.jpg
エレベーターがあるので、3階まで上がります。


DSCF2906.jpg
3階に上がって前方にある廊下を進んでいきますと


DSCF2843.jpg
再び館内に入ります。
通路を奥まで進んでいきます。


DSCF2844.jpg
奥まで行って左に曲がりますと、
温泉の入口が見えてきました。


DSCF2847.jpg
温泉の入口です。
こちらの「琴平花壇」さんの温泉は「吉祥の湯」という名前になってます。


DSCF2848.jpg
入口を入りますと、男女共用の湯上り処になってます。


DSCF2850.jpg
ここからそれぞれ男湯と女湯に分かれています。


DSCF2881.jpg
DSCF2882.jpg
脱衣所です。
とても清潔感があります。


DSCF3428.jpg
温泉分析書。
泉温:19.3℃(源泉)
pH:7.8
成分総計:310mg
泉質:単純弱放射能冷鉱泉(弱アルカリ性 低張性 冷鉱泉)
冷鉱泉で源泉の温度が低いため加温はしておりますが、
加水はしていません。
ただし、源泉と循環濾過の併用となってます。
併用って、どのくらいの割合なのか気になりますね。
お湯は無色透明で、味は特にありませんでした。
琴平温泉は、放射能の成分を微量に含んだ特徴のある温泉となってます。
放射能泉は、お湯に含まれる放射能成分が空気中に気化したときに、
肺から吸い込むことによって効果があるといわれています。
単純温泉でもありますので、ゆっくりお湯につかるのがいいですね。


DSCF2853.jpg
DSCF2855.jpg
DSCF2854.jpg
内湯の大浴場です。


DSCF2873.jpg
露天風呂は大浴場の右手奥に出たところにあります。


DSCF2857.jpg
DSCF2871.jpg
DSCF2863.jpg
そしてこちらが露天風呂です。
小さめの湯舟ですが、
浴槽が木造りで出来ているので浴感が良いですね。
あと眺めもなかなか良いですし、竹林も目の前にありますのでなかなか景観が良いです。



DSCF2884.jpg
DSCF2887.jpg
DSCF2888.jpg
DSCF2891.jpg
DSCF2898.jpg
温泉につかった後は敷地内にある、
和風庭園内にある数寄屋造りの離れを見学しました。
さすが創業400年の歴史がありますね。
その歴史の一端を感じられて、とても情緒がありました。


■総評
とれも歴史のある老舗旅館で、離れの数寄屋造りの建物がとても雰囲気があってよかったですね。
温泉は単純温泉で循環濾過との併用ですが、琴平温泉の中ではいいお湯だったと思います。
琴平温泉の中では、一番温泉につかった感が味わえるのではないでしょうか。



■琴平花壇
HP:http://www.kotohira-kadan.jp/

こんぴら温泉 琴平花壇

こんぴら温泉 琴平花壇

  • 場所: 香川県仲多度郡琴平町1241番地5
  • 特色: 創業400年、名だたる文人墨客も逗留した四季薫る庭園の温泉宿



スポンサードリンク


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0