So-net無料ブログ作成

【群馬】四万温泉/四万たむら [温泉【群馬】]

※以前あげた記事の編集です。

DSC_1372.jpg
四万たむら。
2016年4月24日(日)、四万温泉滞在2日目に日帰り入浴で立ち寄りました。
積善館を10:00にチェックアウトして、
帰りの高速バスの時間を13:00にして引き続き色々回る計画でしたので、
まずは四万たむらに向かいました。
こちらの旅館も積善館と同じくらい歴史のある旅館です。
建物全体は比較的新しいですが、
正面玄関の乾拭きがその名残を残しています。


DSC_1370.jpgDSC_1366.jpg
正面玄関を入ったフロントです。


DSC_1356.jpgDSC_1361.jpg
温泉分析書。
主に竜宮の湯と岩根の湯という、2つの源泉でまかなっているようですね。
四万たむらさんの最大の魅力は、色んな種類の浴室があるということですね。
露天風呂「森のこだま」、大浴場「甍の湯」、幻の湯「竜宮」、檜風呂「御夢想の湯」、庭園露天風呂「甌穴」、美肌の湯「岩根の湯」、貸切風呂「クリスタル」と貸切風呂を含めると7つの浴室があります。

・竜宮の湯
湯温:75.9℃
pH値:6.8
成分総計:2510mg
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉(低調性中性高温泉)

・岩根の湯
湯温:64.5℃
pH値:6.3
成分総計:1880mg
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉(低調性中性高温泉)


DSC_1345.jpgDSC_1346.jpg
露天風呂「森のこだま」です。
浴槽の形が卍のような独特な形をしています。
目の前に川があって、しかも滝になっているので、
とても眺めがよくマイナスイオンをたっぷり取り込めそうです。


DSC_1355.jpgDSC_1354.jpg
大浴場「甍の湯」。
内湯ですね。


DSC_1350.jpg
幻の湯「竜宮」。
河原にあって、川が増水すると川に吞まれて無くなることから、
幻の湯という名前が付けられているそうです。
湯温は、ぬるめです。
脱衣所は一応ありますが、狭いですしお湯で床が濡れていますので、
甍の湯のすぐ外にあり窓から出られるので、
甍の湯に入ってついでに入るのがおすすめです。


DSC_1358.jpg
美肌の湯「岩根の湯」。
打たせ湯があります。


DSC_1362.jpgDSC_1363.jpg
庭園露天風呂「甌穴」。
四万の甌穴群にちなんだネーミングですね。
湯温は熱めでした。


DSC_1365.jpgDSC_1364.jpg
檜風呂「御夢想の湯」。
ほの暗い浴室の中で、照明がほんのり明かりを照らしていて、
とても雰囲気がいい浴槽でした。
浴槽が、すべて檜で造られているので、浴感もよかったです。
お湯は適温で、茶褐色の沈殿物が多数浮いていて、独特なお湯でした。
個人的には、こちらの「御夢想の湯」と「森のこだま」がとてもよかったです。

日帰り入浴の価格が四万温泉の中では飛び抜けて高い、
というのがマイナスですが、
旅館の雰囲気も良かったですし、お湯も素晴らしかったです。
浴室も豊富にあるので、宿泊向きな旅館だなと思いました。

・四万たむら
HP:http://www.shima-tamura.co.jp/
日帰り入浴:10:00~15:00
料金:1,730円

四万温泉 温泉三昧の宿 四万たむら

四万温泉 温泉三昧の宿 四万たむら

  • 場所: 群馬県吾妻郡中之条町四万4180
  • 特色: 室町創業500年の老舗宿 桧風呂付客室で温泉堪能 大河ドラマ真田丸の舞台・岩櫃城は春のドライブ40分



スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0