So-net無料ブログ作成

【新潟】関温泉/登美屋旅館 [温泉【新潟】]

5/22(日)、燕温泉に行った後に関温泉に立ち寄りました。
関温泉は赤倉温泉や燕温泉などと同じく新潟県妙高市の妙高高原にある温泉地の一つで、
赤倉温泉から燕温泉に向かう街道の途中にあります
10数件ほどの鄙びた温泉宿が街道沿いに建ち並ぶ小さな温泉街です。


DSCF1324.jpg
温泉街の入口には、立派な看板が。
関温泉は、開湯伝説としては弘法大師の発見とされていまして、
戦国時代には「関山の湯」という名前で戦国大名の上杉謙信も戦の疲れを癒すために通ったといわれているとても歴史のある温泉地です。
現在の関温泉として温泉地の整備がされた享保12年(1727年)以来、
加水、加温、塩素消毒は一切使用しない正真正銘の源泉かけ流しにこだわって
泉質の良いお湯を提供し続けています。


DSCF1326.jpg
こんな感じで、道の両側に温泉宿が並んでいます。


DSCF1328.jpg
今回立ち寄り湯で利用したのは、
こちらの「登美屋旅館」さんです。
一番入りやすそうな、雰囲気です。
関温泉は、どの旅館も源泉かけ流しをされているのが特徴ですが、
こちらの登美屋さんももちろん源泉かけ流しですね。


DSCF1359.jpg
入口を入って、フロントの様子です。
おばあちゃんが座って新聞を読んでいるのが、
雰囲気があっていいですね。


DSCF1329.jpg
浴室は、入口正面の通路を奥まで行って、
突き当りを左に曲がったところにあります。


DSCF1337.jpg
温泉分析書。
泉温:48.6℃
pH値:6.4
成分総計:2070mg
泉質:ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉(低張性中性高温泉)
こちらの関温泉、療養泉の基準には達してませんが鉄分が多量(14mg)に含まれているので、
なんとお湯の色が赤い赤褐色の濁り湯となってます。
味も、鉄分特有の苦味がします。
隠れた泉質の効果として鉄分の他に、
18%以上の含有量があるカルシウムの成分効果も期待できますね。
炭酸水素塩泉なので、美人の湯に該当します。
炭酸水素塩泉でクレンジング効果があり、
塩化物泉で温まりの湯なので保温と保湿効果があり、
鉄分も含んでいるので貧血の改善効果も見込め、
女性に優しい泉質ということで「子宝乃湯」という名前がついたと思われますね。


DSCF1331.jpg
そしてこちらが「子宝乃湯」の浴室です。
景色が素晴らしいですね。
見晴らしがよくて、妙高高原を見渡せます。
他のお客さんもほとんどいなかったので、
この景色を堪能しながら、まったりつかれました。


DSCF1345.jpg
浴槽の周りには、温泉成分の積出物が堆積して固まって、
赤褐色に変色しています。
湯温はかなり熱めで、44℃以上はあるかと思います。
長時間お湯につかるのは難しいので、
ちょっと入っては休むというような感じで、
何回かに分けて入るのをおすすめします。


鄙びた雰囲気の古い温泉街ですが、
それはそれでとても趣があって何気に良い温泉地だと思いました。
浴感はとても良かったですね。
見晴らしも最高でした。


■登美屋旅館
HP:http://www.seki-tomiya.jp/index.html
日帰り入浴
入浴料:500円
入浴時間:要問合せ

登美屋旅館

登美屋旅館

  • 場所: 新潟県妙高市関山6087-25
  • 特色: 関温泉スキー場まで徒歩1分!「上杉謙信公の隠し湯」として知られる山の中の隠れた秘湯・関温泉の宿です。



スポンサードリンク


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0