So-net無料ブログ作成

【群馬】四万温泉 [温泉【群馬】]

今回は4月23日(土)~24日(日)の1泊2日で、
四万温泉に行ってきました。

DSC_1037.jpg
移動手段は、直行の高速バスの「四万温泉号」です。
東雲車庫、東京駅八重洲口から1日2往復。
運賃が往復で5,100円ですので、
どの交通機関よりも安く楽に行くことができます。
東京駅八重洲口9:00発、四万温泉12:30着の便で、
所要時間は東京駅八重洲口から3時間半ほどで到着します。

・関越交通
http://www.kan-etsu.net/publics/index/18/


DSC_1041.jpg
四万温泉の温泉街の入り口です。
温泉街の入り口からとても風情がありますね。
ここ四万温泉は、群馬県吾妻郡中之条町にある温泉地で、
平安時代にはすでにあったといわれるくらい、
歴史のある温泉地です。
国民保養温泉地として第一号の指定を受けたこともあって、
療養泉としての効果が高く、
名前の由来として四万もの病に効くことからその名が付いたという説もあるくらいで、
引用すれば胃腸に効くといわれてまして、
温泉街の随所に飲泉所が設けてあります。


DSC_1066.jpg
温泉街を流れる四万川は清流で、とても透明度が高いです。
この日は暑い位の陽気でしたが、
この辺りは寒い地域のため、まだ桜が咲いてて見頃でした。


■河原の湯
DSC_1067.jpg
早めの時間に着いたので、
温泉街を見て回ることにしました。
まずは温泉街の入り口の四万川と新湯川の合流地点の川辺にある、
共同浴場の「河原の湯」です。
入ってすぐ、脱衣所があります。
ここ四万温泉は湯量が豊富なためか、共同浴場は無料で開放されているところが多いです。


DSC_1073.jpg
温泉分析書。
泉温:63.6℃
pH値:6.5
成分総計:2040mg
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉(中性低調性高温泉)


DSC_1070.jpg
浴室です。
無料なのに、入る人は少ないようですね。
中は薄暗い感じですが、それがかえって雰囲気がいいですね。
肌あたりがよく、さらっとしたお湯です。
湯温は、かなり熱かったです。
今回入った中では、ここの湯舟が一番熱かったです。
水で温度を下げて入れますが、
湯量が多いのでなかなか温度が下がりませんw
他にも色々回る予定なため、さっと浸かって短時間で出ました。

・日帰り入浴
利用時間:9:00~15:00
無料
年中無休


DSC_1076.jpg
温泉街の入り口から四万川に沿って下っていくと、
お土産屋さんや飲食店のお店が並ぶ商店街があります。
この辺も情緒がありますね。



■焼きまんじゅう島村
DSC_1077.jpgDSC_1079.jpg
その商店街の中にある、「焼きまんじゅう島村」です。
行きの高速バスの運転手さんがおすすめしていたので、
お昼時ということもあって立ち寄りました。
作り置きはせず、
オーダーが入ってから丁寧に焼いてくれます。


DSC_1080.jpg
こちらが焼きまんじゅうです。
デカイです!
炭火で、自家製の甘辛の味噌だれを付けて焼きあがったものです。
ふっくらしていて柔らかくてボリューム感もあって、
今まで食べたまんじゅうの中で一番美味しいっていうくらいの美味でした。



■上の湯
DSC_1081.jpg
商店街を抜けて、月見橋を渡った辺りにも旅館街がありまして、
その中に共同浴場の「上の湯」があります。
車だと気づかずに通り過ぎてしまうかもしれませんが、
三木屋旅館さんのすぐ隣にあります。


DSC_1091.jpg
温泉分析書。
泉温:60.9℃
pH値:7.5
成分総計:1522mg
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉(低調性弱アルカリ性高温泉)
こちらのお湯は、弱アルカリ性になってより美肌効果の高い泉質になっています。


DSC_1086.jpg
こちらが浴室です。
浴槽が2つに分かれてましたが、
ほぼ同じ湯温で適温でした。

・日帰り入浴
利用時間:9:00~15:00
年中無休
無料


■山口バス停
DSC_1095.jpg
上の湯のすぐ近くにある、山口のバス停留所です。
バス停も趣がありますね。


■四万やまぐち館
DSC_1096.jpgDSC_1099.jpg
バス停を過ぎてすぐ右手に、
四万温泉の山口地区で一番大きい旅館の四万やまぐち館があります。
立ち寄り湯で入浴をしました。
詳細は下記に。
http://yukemuri-shikisai.blog.so-net.ne.jp/2016-10-02


■四万の甌穴群
DSC_1179.jpgDSC_1182.jpg
山口からさらに下流に行ったところに、
群馬県指定の天然記念物に指定されている、
四万の甌穴群があります。
歩くと、30分くらいはかかると思います。


DSC_1155.jpgDSC_1173.jpg
川まで降りて間近で見ることができるので、見応えありました。
甌穴になっている部分はかなり深そうでした。


DSC_1184.jpgDSC_1186.jpg
四万の甌穴群から温泉街に戻って、
落合通りを散策しました。


DSC_1187.jpgDSC_1188.jpg
飲食店の他、昔ながらの遊技場もありました。



■積善館
DSC_1049.jpgDSC_1052.jpgDSC_1058.jpgDSC_1061.jpg
本日のお宿、積善館です。
とても歴史のある湯宿建築で、ジブリの千と千尋の神隠しのモデルになったといわれる建物としても有名ですね。
詳細は下記に。
http://yukemuri-shikisai.blog.so-net.ne.jp/2016-10-02-1


■四万たむら
DSC_1372.jpg
積善館を10:00にチェックアウトして、
帰りの高速バスの時間を13:00にして引き続き色々回る計画でしたので、
まずは四万たむらに向かいました。
こちらの旅館も積善館と同じくらい歴史のある旅館です。
詳細は下記に。
http://yukemuri-shikisai.blog.so-net.ne.jp/2016-10-02-2


■薬師堂
DSC_1374.jpgDSC_1373.jpg
国指定の重要文化財で国宝の薬師堂です。
温泉街から奥四万湖の方に登っていったところにあります。
温泉街から徒歩で30~40分くらいかかります。


■御夢想の湯
DSC_1375.jpg
薬師堂に隣接している共同浴場が、こちらの御夢想の湯です。
外観だけ撮ったところで電池切れとなりました。
中は明るくて、御影石の浴槽でした。
ただ、浴槽は小さくて、2人入るといっぱいになってしまうため、
譲り合って利用していただく形になります。
時間的にもここでタイムリミットとなりましたので、
ここを最後に帰路につきました。

・日帰り入浴
利用時間:9:00~15:00
無料
年中無休


今回もいい旅ができました。
積善館の格安のプランでしたが、値段以上に満足は出来たと思います。
四万たむらさんもよかったですし、
特に四万やまぐち館さんには宿泊してみたいと思いましたので、
次回くる機会があればぜひ宿泊したいですね。

スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0