So-net無料ブログ作成

【栃木】塩原温泉郷 塩の湯温泉/明賀屋本館 [温泉【栃木】]

訪問日:2016年1月23日(土)夕方

本日のお宿、塩原温泉郷 塩の湯温泉の明賀屋本館です。
塩の湯温泉は300年以上も続く歴史のある温泉で、
塩原の地名の由来になったとも言われています。



明賀屋本館1外観.JPG明賀屋本館1外観2.JPG
こちらの明賀屋本館さんは、川岸露天風呂がとても素敵な温泉旅館です。
1人旅プランもあり、
一人でも泊まれる温泉宿です。



明賀屋本館2太古館.JPG
本館とは別に、太古館という建物もあります。
帝国ホテルの設計者といわれる鈴木愿一郎氏の設計によるものです。
和洋折衷で、古さの中に品格の漂う建物ですね。



明賀屋本館部屋.JPG
お部屋です。
広くは無いけど、必要最低限のものがそろっていて一人旅なら充分ですね。



明賀屋本館11窓の外1.JPG明賀屋本館11窓の外2.JPG
窓の外はこんな感じです。



明賀屋本館3川岸入り口.JPG
チェックインしてフロントの係りの方から部屋の説明を受けたら、
真っ先にお目当ての川岸露天風呂に向かいました。
裏側から外に出ると、専用の入り口があります。
ちなみに、川岸露天風呂は朝6時~8時までの間は女性専用となります。



明賀屋本館4階段.JPG
入り口を入るとかなり急な階段が。



明賀屋本館5スロープ.JPG
急な階段を降りると、スロープ状の通路で緩やかな階段が続きます。
先に見える白い建物の地下に川岸露天風呂があります。



明賀屋本館9川岸露天風呂温泉分析書.JPG明賀屋本館9内湯温泉分析書.JPG
温泉分析書。

■川岸露天風呂(上)
pH値:6.0
泉温:55.8℃
溶存物質計:4,423mg
ナトリウム-塩化物温泉

■内湯(下)
pH:6.8
泉温:52℃
溶存物質計:631mg
単純温泉



明賀屋本館5川岸露天風呂2.JPG明賀屋本館6川岸露天風呂.JPG
こちらが川岸露天風呂です。
ホントにすぐ目の前に鹿股川が流れています。
残雪もあって、雪見露天風呂を堪能しました。
混浴の露天風呂ですが、すぐ隣に女性専用の別の川岸露天風呂もありますので、
気になる方も安心して入れそうですね。
お湯は薄いにごり湯で、こちらの温泉に硫黄の成分は入っていませんがかすかに硫黄の臭いがします。
味覚は、塩の湯ということで塩味がします。



明賀屋本館8川岸外側から.JPG
昨年の大雨で浴槽が一つ流されてしまったそうですが、
復旧工事がされてご覧の通り元の姿に。
ただ、まだ完全には工事は完了していないようですね。



明賀屋本館7ぬる湯.JPG
男性用の脱衣所から川岸に降りて右手にはぬるめの浴槽があります。



明賀屋本館7川岸内湯.JPG
そして、川岸露天風呂のある建物の内側には、半露天の内湯のようなものもあります。



明賀屋本館10内湯2.JPG明賀屋本館10内湯1.JPG
こちらは本館内にある内湯です。
2種類のにごり湯があり、
片方はなんと東日本大震災の時に出来た割れ目から温泉が湧いてきたとのことです。
手前側がその湧き出てきた温泉が源泉です。
炭の湯で、黒っぽい炭の色をしています。



明賀屋本館12夕食.JPG
夕食ですが、部屋食でした。
中居さんが運んできてくれて、
終わったらフロントに連絡すると中居さんが下げに来てくれます。
豪勢ではありませんが、量は多くて、全て食べたらお腹がパンパンでしばらく動けませんでした(笑)
写真を撮るのを忘れて、口を付けてしばらくしてからの撮影に(^_^;)



明賀屋本館13朝食.JPG
朝食も部屋食でした。
レンタカーを返す時間の都合と、温泉に最後にもう一回入りたいので、
朝食の時間を多少前倒ししていただきました。
最後のひと浸かり、気持ちが良かったです。



■明賀屋本館
HP:http://www.myogaya.com/
宿泊
今回利用した宿泊プラン:塩原温泉のんびり満喫★お食事もお部屋でごゆるり一人旅プラン★(楽天トラベル)
料金:16,740円


塩原温泉 明賀屋本館

塩原温泉 明賀屋本館

  • 場所: 栃木県那須塩原市塩原353
  • 特色: 自然と歴史の中で、ごゆっくりとお過ごし頂けます。また、川岸露天風呂や貸切露天風呂で心も体も癒されます


スポンサードリンク


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0