So-net無料ブログ作成

【栃木】塩原温泉郷 元湯温泉/大出館 [温泉【栃木】]

1月23日(土)午後
ゑびすやと同じ塩原の元湯温泉にある大出館です。
位置的にはすぐ近くなのですが、道路がかなり回り込んで行く必要があって、
登ってまた下って回り込むルートになります。



大出館1入り口.JPG
こちらの大出館は、炭の湯という非常に珍しい墨色の黒い温泉と、五色の湯という日によって色が変わる温泉の2つのメインとなる温泉があります。



大出館2五色の湯温泉分析書.JPG大出館2御所の湯.JPG
張り出してあった、五色の湯と御所の湯の温泉分析書です。

■五色の湯
pH値:6.4
泉温:52.6℃
含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型)

■御所の湯
pH値:6.2
泉温:50.9℃
含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型)

泉質名上は同じですが、
それ以外の含有物質に着目すると、若干違う性質の温泉というのが見えてきますね。



大出館3五色の湯.JPG大出館3炭の湯.JPG
五色の湯(左)と炭の湯(右)。

両方とも内湯で同じ室内にあります。
大出館は混浴ですが、墨の湯と五色の湯はPM 2:00 ~ PM 3:00 の間、女性専用となります。
こちらも飲泉ができるようですね。

五色の湯は、苦くて酸味があってしかもしょっぱいという、かなり癖のある味をしていました。
お湯の色で次の日の天気がわかるといわれるくらい、日によってお湯の色が変化するようです。
私が行ったときは、黄土色でした。

炭の湯は、若干の苦み以外は特になくあっさりした感じでした。
温泉の湯の花?が炭のようなものが混じっていて、
炭の湯と言われるのがよくわかります。



大出館4炭の湯と五色の湯.JPG
こうして見比べてみると、色の違いがよくわかりますね。



大出館5御所の湯と平家隠れの湯.JPG
もう一室あるのが、
平家かくれの湯と御所の湯です。
こちらもそれぞれ色が違っていますね。
こっちは全時間帯で混浴となってます。




大出館6混浴露天 岩の湯.JPG
そして、御所の湯の奥に混浴の野天風呂 岩風呂があります。
こちらは、明るい緑色をしていました。
硫黄泉は、乳白色と緑色の2パターンに色が分かれるようですが、
私は緑色の硫黄泉は初めて見ました。
それぞれの浴槽で色が違っていたので入り甲斐がありました。



■大出館
・日帰り入浴
大人:600円
http://ooidekan.com/index.html






スポンサードリンク


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0