So-net無料ブログ作成
検索選択
観光/その他【岩手】 ブログトップ

【岩手】盛岡城跡公園(岩手公園) [観光/その他【岩手】]

2017年2月4日(日)。
今回の旅の最後に、盛岡城を訪れました。
帰りの新幹線の時間まで少し時間が余ったので、
あまり時間はありませんでしたが、行ってみました。
盛岡駅からは歩いて20~25分程です。


IMG_6590.jpg
まず最初に訪れたのが、盛岡城の玄関口にあります、桜山神社です。
桜山神社は、江戸時代中期の1749年に盛岡藩の八代目藩主南部利視公が、
初代藩主の南部信直公を偲んで建立した神社です。


IMG_6595.jpg
入口を入ってすぐの所に本殿があります。


IMG_6599.jpg
本殿の脇にはお守りなども売ってました。


IMG_6601.jpg
裏手には階段があります。


IMG_6611.jpg
階段を上った所には、烏帽子岩が祀られています。
烏帽子岩は文字通り烏帽子の形をした巨石で、
盛岡城の築城時に出現して、
当時の藩主南部信直公はこの岩を端兆として慶びました。
それ以降、歴代の盛岡藩主が「宝大石」として大切にして、
この岩の前で神事が執り行われたそうです。


IMG_6613.jpg
烏帽子岩の脇には、南部稲荷神社も併設されてました。


IMG_6618.jpg
お参りをしましたら、城攻めです!
桜山神社の右手脇からお城へ行けます。


IMG_6620.jpg
一番手前の三ノ丸です。
桜山神社の丁度裏手側になります。


IMG_6625.jpg
そのままさくさくと二ノ丸へ。


IMG_6626.jpg
IMG_6630.jpg
二ノ丸。
二ノ丸には石川啄木の歌碑や記念碑などがあります。


IMG_6629.jpg
IMG_6627.jpg
こちらが石川啄木の歌碑ですね。
この歌碑がある二ノ丸は、石川啄木が学んだ中学校のすぐ近くにあるそうです。
時折教室から逃げ出してはここで文学の夢を結んだそうです。


IMG_6633.jpg
二ノ丸と本丸は堀状の通路に架かった橋を渡った先にあります。


IMG_6637.jpg
橋の上からの眺めです。


IMG_6644.jpg
IMG_6641.jpg
こちらが本丸です。
盛岡城は、三戸に居城があった南部信直が
1597年に盛岡城の前身である不来方に居城を移すために
嫡子である後の2代目藩主利直に命じて築城したと伝えられています。


IMG_6647.jpg
本丸には、明治時代の南部家当主の銅像があった台座もあります。
銅像は無くなって台座のみ残されています。


IMG_6651.jpg
帰りすがらの、先ほどの橋の下からの眺めです。


IMG_6653.jpg
こちらは下から見た本丸部分ですね。


IMG_6658.jpg
お城のお堀の池は、凍ってました。

お城の城郭の規模としては小さい部類に入ると思います。
造りも複雑ではないので、さくっと見て回れました。
入場料も無料で気軽に入れますので、公園といった雰囲気でした。
nice!(84)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【岩手】不動の滝 [観光/その他【岩手】]

2017年2月4日(日)。
岩手県八幡平市にあります、不動の滝を観光してきました。
不動の滝は、岩手県八幡平市高畑にあります、
「日本の滝100選」にも選定される名勝の滝です。
位置的には新安比温泉の近くで、車で20分程の場所にあります。


IMG_6377.jpg
国道282号線と並行して走っているJR花輪線(十和田八幡平四季彩ライン)の線路を渡ってすぐの所にまず大きな鳥居があります。
不動の滝には桜松神社が隣接してありまして、
滝の脇にある岸壁の下に社が建てられています。
その昔、松の木に桜が咲いたのを見て村人が驚き、
吉兆として崇めたという言い伝えによって、
桜松神社と呼ばれるようになったそうです。


IMG_6381.jpg
鳥居の所から山道に入っていきまして、
途中で1か所分かれ道がありますので、
そこを右折してしばらく行くと道の終点に駐車場があります。


IMG_6382.jpg
駐車場から参道が見えますので、
参道に進んでいきます。


IMG_6384.jpg
参道の入口手前の右手脇にはレストハウスがあります。


IMG_6389.jpg
参道の入口です。
除雪されているので、歩きやすかったです。


IMG_6393.jpgIMG_6408.jpg
鳥居と古い山門をくぐって行きます。
山門には古いお札がたくさん貼られていまして、
不動信仰を今に伝えています。


IMG_6418.jpg
灯篭が並んでいる所を抜けると


IMG_6419.jpg
取水舎がありまして


IMG_6427.jpg
その奥側の右手に桜松神社があります。


IMG_6433.jpg
さらに灯篭が並んでいる場所を進んでいきますと


IMG_6435.jpg
再び山門があります。


IMG_6556.jpg
IMG_6552.jpg
山門をくぐってすぐの所に、
縁結びの木があります。
ご利益がありますように。


IMG_6438.jpg
同じ場所にこんな感じの灯篭と石碑が乱立している場所がありますので、
ここを抜けていきます。


IMG_6447.jpg
すると、道が2手に分かれています。
右手が桜松神社の不動堂へ、
左手は不動の滝に通じています。
先に不動堂をご紹介します。


IMG_6522.jpg
立札がありまして、
「此処の上に龍神様(蛇・巳)を祀っております」と書かれています。
雪で、今回は龍神様が祀られている所には行けませんでした(^_^;)


IMG_6537.jpg
少し歩くとすぐ右手に不動堂が見えてきます。
こちらが桜松神社の本堂ともいうべき不動堂です。
目の前にある大きな岩が御神体です。


IMG_6538.jpg
上を見上げるとこんな様子です。
断崖絶壁にある祠の様な感じで、
神聖な雰囲気がありました。


IMG_6547.jpg
不動堂の前には七福神も祀られていました。
全部はいなくて、
「布袋様」「恵比寿様」「大黒様」の3神が祀られています。


IMG_6551.jpg
七福神の背後には、出雲大社のお札も貼られています。
出雲大社とも関係があって繋がっているようですね。


IMG_6452.jpg
お参りを済ませたら、
先ほどの分かれ道まで戻りまして、
今度は不動の滝へ向かい左手の道を行きます。
左手の道を行くと、細い下り坂の道が続いています。


IMG_6455.jpg
少し歩いてお賽銭箱が見えてきたら到着です。


IMG_6517.jpg
お賽銭箱の中には、神棚があってお供え物がきちんとされてました!


IMG_6461.jpg
こちらが不動の滝です。
雪に覆われていて、滝の一部が凍結して氷瀑の様になってます。


IMG_6470.jpg
滝の下流側には赤い欄干の橋が架かっています。
雪で埋まってますw
道も雪で埋まってましたが、何とか行ってみました。


IMG_6474.jpg
橋のすぐ手前です。
短い距離ですが、
雪に足を差し込んでズボズボ歩いて、
途中すべって転んだりしながら辿り着きましたw
せっかくなので橋を渡ってみました。


IMG_6495.jpg
橋上からの滝の眺めです。
こちらのほうが正面から見えるので、キレイに見えますね!


IMG_6562.jpg
帰り道は、森林浴を満喫しました。
天気が良かったのもあって、
滝だけではなく、桜松神社と森林に包まれた参道もとても良かったです。


■不動の滝


nice!(73)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
観光/その他【岩手】 ブログトップ