So-net無料ブログ作成
検索選択
温泉【大分】 ブログトップ
前の10件 | -

【大分】別府 堀田温泉/夢幻の里 春夏秋冬 [温泉【大分】]

2017年1月3日(火)。
別府の堀田温泉にあります、「夢幻の里 春夏秋冬」です。
日帰り入浴で立ち寄りました。
別府八湯温泉道の55湯目、温泉道登録番号:193。
堀田温泉は、別府八湯の温泉郷の中で柴石温泉に次いで入浴施設が少ないエリアになってます。
位置的にも観海寺温泉からさらに坂を登って行って、
高速の大分自動車道を渡った先にあります。
こちらの「春夏秋冬 夢幻の里」は、
立ち寄り湯専門の温泉施設となってます。


IMG_1562.jpg
こちらが入り口にあります建物の外観です。
山小屋の様な雰囲気ですね。
脇道を入って行った先の渓谷にあります。


IMG_1564.jpg
玄関です。
早速入ってみましょう。


IMG_1586.jpg
玄関を入りますと、すぐ目の前に受付のフロントがあります。


IMG_1585.jpg
フロントの奥側が休憩スペースの様になってますので、
その左奥に扉があって扉を抜けると階段がありますので、
階段を下りますといったん外に出ます。


IMG_1584.jpg
階段を下りると、
画像の扉に出てきます。
貴重品は扉を出て左手にあるロッカーに入れましょう。


IMG_1582.jpg
扉を出た正面に、
川が流れていましてご覧の様に橋が架かってますので、
それを渡ります。


IMG_1581.jpg
橋の上です。
橋を渡ってすぐの道を左に曲がります。


IMG_1580.jpg
そうしますと、すぐ右手に女湯の小屋が見えてきます。


IMG_1579.jpg
さらに進むと男湯があります。
こちらが男湯の入口です。


IMG_1578.jpg
こちらが浴室の小屋です。


IMG_1577.jpg
温泉分析書。
泉温:92℃
pH:不明
成分総計:不明
泉質:単純硫黄温泉(弱酸性・低張性・高温泉)
お湯の色は硫黄泉らしく乳白色のにごり湯です。
弱酸性なので、ピリッとした肌触りでした。


IMG_1570.jpg
IMG_1571.jpg
こちらが浴槽です。
浴槽は岩風呂露天風呂です。
乳白色がキレイですね。
山肌に隣接してますので、
見晴らしはありませんが露天風呂なので開放的です。


IMG_1573.jpg
湯口です。
湯量はとっても豊富でした。


IMG_1576.jpg
岩の間からもボコボコお湯が湧出してました。


■夢幻の里 春夏秋冬
HP:http://mugen-no-sato.com/
営業時間:AM10:00~PM20:00まで※冬季12月~3月:10:00~18:00
入浴料:700円


nice!(40)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【大分】別府 観海寺温泉/杉乃井ホテル「棚湯」 [温泉【大分】]

2017年1月3日(火)。
別府温泉から場所を移しまして、観海寺温泉にあります杉乃井ホテル「棚湯」に日帰り入浴で立ち寄りました。
別府八湯温泉道の54湯目、温泉道登録番号:74。
観海寺温泉は、別府温泉の中でも別府市内を流れる浅見川上流の山の斜面沿いに
ホテルや旅館などの温泉街が建ち並ぶ温泉です。
「杉乃井ホテル」さんは、観海寺温泉だけでなく別府温泉の中でも一番規模が大きい温泉宿です。
とにかく規模がデカいマンモスホテルですね。
そして温泉は、棚田の様に段々になった浴槽で
オーシャンビューの見晴らしが抜群の「棚湯」が有名です。


IMG_1558.jpg
こちらがホテルの外観です。
手前がHANA館で、奥が本館です。


IMG_1560.jpg
お目当ての「棚湯」の温泉は、
一番左手のこちらのスギノイパレスの建物の中にあります。
連絡通路で本館からもこれますが、
それぞれ入口がありますので、直接こちらから入ることが出来ます。


IMG_1557.jpg
温泉の専用のフロントがスギノイパレスの左奥にあります。
フロントの右手にある券売機で入場券を購入します。
「棚湯」の他にも「ザ・アクアガーデン」の入浴も可能ですが、
値段が2,000円は高いですね(^_^;)
でも、それだけ払う価値はあります。


IMG_1554.jpg
フロントの奥に下駄箱がありますので、
日帰り入浴の場合はそこでスリッパに履き替えます。
さらにフロントの脇に通路が続いていまして、
奥にエレベーターがあります。


IMG_1495.jpg
エレベーターを下りて通路を奥まで行きますと、
浴室の入口があります。


IMG_1551.jpg
温泉分析書。
泉温:64.8℃
pH:7.4
成分総計:1,819mg
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性・中性・高温泉)


IMG_1507.jpg
こちらが「棚湯」です。
見事に段々になってますね。
見晴らしも景観も抜群で絶景でした!


IMG_1496.jpg
棚湯の中程には、絶景の景色が見渡せる足湯スペースもあります。


IMG_1546.jpg
最前列の一番下の段は、お湯が海に流れ落ちるかのような視覚効果の造りになってます。
しかも、背もたれが設置されていて寝湯がありますので、
のんびりお湯につかりながら絶景を堪能することが出来ます!


IMG_1549.jpg
こちらが温泉の湧き出し口です。


IMG_1548.jpg
お湯の色は無色透明で、画像だとわからないと思いますが、
硫黄泉の様な細かい白い湯の花が無数に舞ってました。


IMG_1533.jpg
棚湯の上には「洞窟の湯」もありました。
形は鎌倉みたいですねw


IMG_1534.jpg
地面よりも低く、浴槽に入りながら中に入る形になってます。


IMG_1536.jpg
中の様子です。
湯けむりで、モクモクしてます。


■杉乃井ホテル「棚湯」
立ち寄り湯
営業時間:9:00~受付21:30
入浴料:1500円、2000円(土曜、日曜、祝日)

別府温泉 杉乃井ホテル

別府温泉 杉乃井ホテル

  • 場所: 大分県別府市観海寺1
  • 特色: ◆12年旅行のプロが選ぶ5ツ星認定◆139000平米の敷地に広がる一大アミューズメントスパ・リゾート




nice!(105)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【大分】別府 別府温泉/竹瓦温泉 [温泉【大分】]

2017年1月3日(火)。
別府温泉の「竹瓦温泉」に入浴をしました。
別府八湯温泉道の53湯目、温泉道登録番号:1。
竹瓦温泉は、別府市元町にあります市営の共同浴場です。
現在の建物は1938年(昭和13年)に建てられたもので、
2004年に登録有形文化財に登録がされました。


DSCF4290.jpg
こちらが建物の外観です。
2階建ての割にかなりデカいですね。


DSCF4275.jpg
中に入ると、すぐ右手に受付があります。
歴史があって、とても有名で人気なので常に人が多いですね。


DSCF4276.jpg
玄関正面には階段があって、
階段の途中でシャッターが閉まってますが、2階が公民館になっているようですね。
左手が砂湯、右手が通常の温泉となってます。


DSCF4279.jpgDSCF4277.jpg
建物の中の様子です。
天井が高いので広く感じます。
左手が女湯、右手が男湯になってます。


DSCF4285.jpg
温泉分析書(男湯)。
泉温:53.8℃
pH:7.3
成分総計:2,422mg
泉質:ナトリウム・カルシウムマグネシウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性・中性・高温泉)


DSCF4286.jpg
温泉分析書(女湯)
泉温:52.0℃
pH:7.7
成分総計:1,186mg
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)


DSCF4287.jpg
温泉分析書(砂湯)
泉温:52.5℃
pH:8.1
成分総計:1,226mg
泉質:ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)


こちらの「竹瓦温泉」は3本の源泉がありまして、
男湯・女湯・砂湯でそれぞれ別々の源泉を使用しています。
さすが湯量日本一の別府温泉ならではですね。
3つともそれぞれわずかに違う成分の温泉というのがわかりますね。
男湯が中性で女湯が弱アルカリ性というのは、美肌効果があるからということでしょうか。
男湯の方が成分量が多いので、これはまた味がありますね。


DSCF4282.jpg
こちらが浴槽です。
かな~り鄙びた感じの使い込まれた浴槽ですね。
所々で床が黒くなっているのは、汚れではなく温泉成分といいますか、
油の影響でしょうか。
お湯の温度は、適温でした。
お湯の色は、ジャッカンにごりのあるモスグリーンがかった茶系のお湯でした。
見慣れた定番のザボンがプカプカ浮いてて、
浴感はとっても良かったです。


■竹瓦温泉
営業時間:6:30~22:30、8:00~受付21:30(砂湯)
入浴料:100円、1030円(砂湯)


nice!(96)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【大分】別府 別府温泉/海門寺温泉 [温泉【大分】]

2017年1月3日(火)。
別府温泉の「海門寺温泉」で入浴しました。
別府八湯温泉道の52湯目、温泉道登録番号:3。
海門寺温泉は、別府駅前の繁華街の中にある市営の共同浴場です。
以前ご紹介しました、「ビジネスホテル松美」さんのすぐ近くにあります。


DSCF4265.jpg
こちらが建物の外観です。
平成22年2月にリニューアルされたとのことで、比較的新しい建物ですね。


DSCF4272.jpg
こちらがフロントです。
フロントのおばあちゃんが気さくな方で、色々と話しかけていただきました。
市営の共同浴場のため、この日は無料開放してましたので人が多かったですね。


DSCF4268.jpg
温泉分析書。
泉温:47.5℃
pH:7.5
成分総計:1,169mg
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
弱アルカリ性で炭酸水素塩泉でもありますので、
美肌効果が期待できますね。
お湯は無色透明で、ツルッとした肌触りでした。


DSCF4273.jpg
浴槽です。
縦長の浴槽に手前と奥で2つに区切られています。
手前がぬる湯で、奥側があつ湯でした。
あつ湯でもそんなに熱くはないので大丈夫でした。


■海門寺温泉
共同浴場(市営)
営業時間:6:30~22:30
入浴料:100円


nice!(120)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【大分】別府 別府温泉/的ヶ浜温泉 [温泉【大分】]

2017年1月3日(火)。
別府温泉の的ヶ浜温泉です。
別府八湯温泉道の51湯目、温泉道登録番号:177。
国道10号線沿いにある、市営の共同浴場です。
道路向かいにある的ヶ浜公園の丁度真ん中辺に位置しています。


DSCF4259.jpg
こちらが建物の外観です。
こちらも公民館と併設されていて、
1階が温泉で、2階が公民館という造りになってます。


DSCF4260.jpg
共同浴場の入口です。
赤い垂れ幕が正月っぽいですね。
左手が男湯、右手が女湯です。


的ヶ浜温泉温泉分析書.jpg
※画像はフリー素材です。
温泉分析書。
泉温:49.5℃
pH:不明
成分総計:2,107mg
泉質:ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩温泉
療養泉の基準には達していませんが、
カルシウムと塩化物イオンも結構入ってますので、
ある程度の効果は期待できますね。


DSCF4264.jpg
浴槽です。
脱衣所と浴室が一体になっているタイプでした。
手前側の画像の後ろが脱衣所ですね。
ジャッカン薄い緑色でかすかににごっている感じのお湯でした。
泉温は熱めでした。


的ヶ浜温泉浴室.jpg
※画像はフリー素材です。
写りがイマイチでしたので、お借りしてきました。
全体はこんな雰囲気ですね。


■的ヶ浜温泉
共同浴場
営業時間:6:30~12:00/14:00~22:00
定休日:毎月15日
入浴料:100円


nice!(118)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【大分】別府 別府温泉/駅前高等温泉 [温泉【大分】]

東北の旅は一通り紹介しましたので、再び年明けの別府八湯温泉道シリーズに戻ります。

2017年1月3日(火)。
別府温泉の「駅前高等温泉」に入浴しました。
別府八湯温泉道の50湯目になります。
温泉道登録番号:7。
「駅前高等温泉」は別府駅に近い駅前通り沿いの繁華街にある温泉です。
朝一で、入浴しに行きました。
大きい建物ではありませんが宿泊も可能で、
2階部分が素泊まりが出来る宿になってます。


DSCF4250.jpg
建物の外観です。
レトロな雰囲気の建物ですね。
「あつ湯」と「ぬる湯」という浴室が2つありまして、
どちらか選んで入浴をする形になります。
「あつ湯」と「ぬる湯」で何が違うのかといいますと、
水の蛇口が付いているか付いていないかだけの違いですw
今回は「あつ湯」を選択しました。


駅前高等温泉脱衣所.jpg
※画像はフリー素材です。
脱衣所です。
脱衣所と浴室が一体になっているタイプでした。


DSCF4256.jpg
温泉分析書。
泉温:50.6℃
pH:7.7
成分総計:1,029mg
泉質:単純温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)


DSCF4252.jpg
浴槽です。
お湯の色は、黄緑色でジャッカンにごりのあるお湯でした。
弱アルカリ性のお湯ですので、ツルッとした肌触りです。
「あつ湯」でしたがお湯の温度は適温で、
私の感覚ですとおそらく42℃くらいではないかと思います。
駅前で人気のある温泉ということもあり、
朝早い時間でしたが、入れ替わりでパラパラと入浴客が入ってきてました。


■駅前高等温泉
立ち寄り湯
営業時間:6:00~0:00
入浴料:200円


nice!(114)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【大分】別府 別府温泉/西鉄リゾートイン別府 [温泉【大分】]

2017年1月2日(月)。
この日のお宿、別府温泉の「西鉄リゾートイン別府」さんです。
2日と3日で、2日間連泊いたしました。
ビジネスホテルではありますが、別府駅に近い北浜地区にある温泉宿です。
こちらも別府八湯温泉道の対象宿に含まれます。
別府八湯温泉道の49湯目、温泉道登録番号:132。
前半戦2日間の最後ですね。
国道10号線沿いにあって、駅前通りとの北浜交差点の近くでもありまして、
北浜のトキハ前にある亀の井バスのバスセンターが入っている赤レンガ色の建物です。


DSCF4240.jpg
ホテルの外観です。
夜はライトアップされているので、昼間よりもキレイに見えます。


DSCF4241.jpg
玄関です。


DSCF4359.jpg
玄関を入りますと正面にフロントがあります。
建物の中はキレイで清潔感ありました。


DSCF4360.jpg
エレベーターでまずはお部屋に向かいます。


DSCF4242.jpg
お部屋は、3階の315号室でした。
2日と3日で本当は別々のお部屋で予約だったのですが、
部屋が空いていたのもあって、ホテルの方の配慮で同じ部屋にしていいただきました。


DSCF4243.jpg
DSCF4244.jpg
DSCF4246.jpg
こちらがお部屋です。
ビジネスホテルっていう感じですね。
ほぼ寝るだけなので、これで充分でした。


DSCF4368.jpg
一息したら、温泉へ向かいました。
温泉は、2階にあります。
エレベーターを降りるとすぐ左手に暖簾があります。


IMG_1490.jpg
突き当りの左手に浴室の入口があります。


IMG_1493.jpg
温泉分析書。
泉温:53.1℃
pH:不明
成分総計:2,245mg
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
ビジネスホテルで利用客が多いためか、残念ながら循環濾過式でした。


DSCF4363.jpg
こちらが内湯です。
循環濾過式にしては浴感は悪くなかったですね。


DSCF4364.jpg
そしてこちらが露天風呂です。
わずかながらですが空が見えるので、露天風呂らしい雰囲気で閉塞感はありませんでした。


DSCF4258.jpg
朝食はバイキング形式です。
朝から晩まで1日中ず~っと温泉につかって、
まさに温泉漬けwの日程で夜も遅い行程のため、
今回は1泊朝食付のプランにしました。
朝食はいつもの通りたらふく食べました(^_^;)


■西鉄リゾートイン別府
宿泊
(別府八湯温泉道で立ち寄り湯の場合)
営業時間:15:00~17:00
入浴料:300円

西鉄リゾートイン別府

西鉄リゾートイン別府

  • 場所: 大分県別府市北浜2-10-4
  • 特色: 天然温泉大浴場(露天風呂付)が人気のホテル。駐車場(先着順)は無料です。【ポイント10倍☆参加中】




nice!(97)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【大分】別府 別府温泉/ホテルシーウェーブ別府 [温泉【大分】]

2017年1月2日(月)。
別府八湯温泉道の48湯目、温泉道登録番号:196。
別府駅東口の駅前ロータリーにあります。


IMG_1477.jpg
建物の外観です。
こちらも前回の「ビジネスホテル松美」さんと同様、ビジネスホテルになります。


IMG_1478.jpg
玄関を入った所です。
1Fは何も無くて、フロントは2Fにあります。
こちらの左手にスロープの階段があって、2Fに上ります。
ちょっと変わった造りでした。


IMG_1488.jpg
階段で2Fに上がったすぐの所にフロントがあります。


IMG_1486.jpg
フロントの右手奥にはソファなどもあります。


IMG_1480.jpg
「ホテルシーウェーブ別府」さんの温泉は、「熊八の湯」という温泉名になってまして、
その温泉は別館の1Fと3Fにあります。
いったん外に出て連絡通路を進みます。


IMG_1481.jpg
別館側の通路です。


IMG_1482.jpg
浴室の入口です。
この日は、男湯が1Fにありました。
温泉分析書は見つけられませんでした。
泉質は、
泉温58.3℃
ph6.9
成分総計1,178mg
ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉(中性 低張性 高温泉)
とのことです。


IMG_1484.jpg
こちらが内湯です。
数は少ないですが、一応ザボンがありました。
お湯の温度は、熱めでした。
ジャッカンにごり湯になってまして、モスグリーン色っぽい感じですね。
金気臭あり。


IMG_1485.jpg
そして、こちらが露天風呂です。
露天風呂は一応外にはあるのですが、
なんと!建設現場とかによくある衝立に外の風景の絵が描いてあるだけの
フェイク露天風呂ですw
これはある意味面白いですね。
駅前のロータリーという立地上、仕方のないことなのだと思います(^_^;)
これは正に苦肉の策という感じですね。


■ホテルシーウェーブ別府
立ち寄り湯
営業時間:16:00~24:00
入浴料:500円

別府駅前 ホテルシーウェーブ別府

別府駅前 ホテルシーウェーブ別府

  • 場所: 大分県別府市駅前町12-8
  • 特色: JR別府駅目の前  シティホテル感覚の広いお部屋と設備 ビジネスにも観光の拠点としても最適です




nice!(97)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【大分】別府 別府温泉/ビジネスホテル松美 [温泉【大分】]

2017年1月2日(月)。
別府温泉の「ビジネスホテル松美」さんです。
別府八湯温泉道の47湯目、温泉道登録番号:93。
なんとビジネスホテルも温泉道になってます。
「春日温泉」、「海門寺温泉」のすぐ近くにあります。


IMG_1461.jpg
建物の外観です。
商店街から道を一本入った路地の奥にあります。
マンションのような外観のビジネスホテルですね。


IMG_1474.jpg
玄関を入ってすぐ正面奥にフロントがあります。
もうけっこう夜遅い時間になってましたが、
フロントの方に丁寧にご対応していただけました。


IMG_1475.jpg
フロントの向かって右側にエレベーターがあります。
男湯の温泉は2階の離れのような所にあります。


IMG_1463.jpg
浴室の入口です。


IMG_1467.jpg
温泉分析書。
泉温:55.5℃
pH:7.2
成分総計:976mg
泉質:単純温泉(中性 低張性 高温泉)
泉質としては単純温泉ではありますが、療養泉の基準にジャッカン満たないだけなので、
それなりの効果が期待できそうですね。
もし療養泉の基準に達していたとしたら、ナトリウム-硫酸塩温泉となります。
ツルっとした感触のお湯でした。


IMG_1473.jpg
そしてこちらが浴槽です。
浴槽が浴室を入ってすぐ左手にあって、洗い場が右手にある形になります。
思っていたよりもちゃんとした温泉で、浴槽も広めでした。
なにより、これでもか!というくらいの量のザボンがプカプカ浮いてましたw
ここが一番ザボンの量が多かったと思います。
私の中では、「ビジネスホテル松美」といえばザボン湯、というイメージが刷り込まれました!
お湯は透明感は残ってますが、ジャッカンにごり湯で光の加減のせいもあり何色と形容のし難い、
モスグリーンのような暗めの色をしてました。
お湯の温度は、適温でした。
さすがに別府にある共同浴場よりは高いですが、
日帰り入浴の価格として300円でこの温泉でしたらお得感ありますね。
そして、入浴可能な時間が長く夜遅くまでやっているのも幸いでした。


■ビジネスホテル松美
立ち寄り湯
営業時間:16:00~1:00
入浴料:300円

別府温泉 ホテル松美

別府温泉 ホテル松美

  • 場所: 大分県別府市駅前本町6-28
  • 特色: 別府駅周辺の好立地な老舗ホテル!! 全室VOD・インターネット完備!天然温泉併設です。




nice!(105)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【大分】別府 別府温泉/春日温泉 [温泉【大分】]

2017年1月2日(月)。
別府温泉の「春日温泉」です。
別府八湯温泉道の46湯目になります。
温泉道登録番号:89。
この辺まで住宅街ですが、かなり駅に近い場所なので、
ネオンがチラッと見えてきます。
商店街から道を一本入った所という感じですね。


IMG_1455.jpg
建物の外観です。
鄙び感が凄いですね。
こちらも公民館と併設されてまして、
裏手側に入り口があります。


IMG_1458.jpg
温泉分析書。
泉温:58.0℃
pH:7.7
成分総計:1,210mg
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩温泉(弱アルカリ性 低張性 高温泉)
弱アルカリ性で、しかも炭酸水素塩泉ですのでお肌のクレンジング効果があり、
また、50mg以上含まれていれば保湿効果のあるといわれる、
メタケイ酸が3桁以上の250mg以上含まれているので、
美肌効果が期待できそうですね。


IMG_1459.jpg
浴槽です。
浴室と脱衣所が一体型でした。
無色透明のお湯で、金気臭あり。
お湯の感触はツルツルした温泉でした。
もうけっこう遅い時間だったこともあって入浴客は誰もいなくて、
のんびりお湯につかれました。


■春日温泉
共同浴場
営業時間:6:30~11:30、15:00~23:00
入浴料:100円



nice!(95)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 温泉【大分】 ブログトップ