So-net無料ブログ作成
検索選択
温泉【静岡】 ブログトップ

【静岡】熱海温泉 [温泉【静岡】]

先にブログに掲載した、
第3回熱海温泉観光士&第7回温シェルジェ養成講座で熱海に行ってきました。
こちらでは講座で行った場所以外で、
熱海で行った場所などを紹介していきます。


■秀花園 湯の花膳

湯の花膳外観1.JPG湯の花膳外観2.JPG
秀花園 湯の花膳。
2日目の講習が終わってから宿泊するホテルでチェックインだけ済ませて、
夕暮れ時を狙って日帰り入浴で訪れました。
熱海の夜景が見渡せる、絶景の露天風呂があります。
場所は、熱海港ターミナルのすぐ近くにあります。


湯の花膳フロント1.JPG湯の花膳フロント2.JPG
小さめなお宿ですが、
内装はすごくキレイで、従業員の方の対応も良かったです。
入浴料は高くて、2,310円でした。
ですが、ここだけでなく熱海全体でホテルの日帰り入浴ですと、大体2,000円前後が相場ですね。
熱海は日帰り入浴料、宿泊代ともにかなり高くて、とても敷居が高いですね。
用事が無いとなかなか気軽に来れませんね。
ということもあって、熱海はこれまで縁がありませんでした。。

フロントで、日帰り入浴用のセットを渡されます。
フェイスタオル、バスタオル、歯磨きの3点セットが入っています。
上記の料金込みなので、手ぶらで来ても安心です。


温泉入口1.JPG
6Fに上がると、すぐ左手に入口があり、


温泉入口2.JPG
その先の通路の突き当りを左に曲がると、


温泉入口3.JPG温泉入口 湯上り処.JPG
湯上り処があって、男女の入口が分かれています。


洗面台.JPG
脱衣所にある洗面台。
なかなかお洒落な造りです。


内湯2.JPG内湯1.JPG
内湯の「花月夜」です。
展望内風呂となってますが、展望は難しく景色はほとんど観れません。


月下美人.JPG
内湯の奥から上に上がる階段があるので、
階段を登ると展望露天風呂に行けます。
私が行ったときは、男性側が見晴らしが良い「月下美人」だったので、
ラッキーでした。


かめ風呂 月の輪.JPG
上がって左手には、「かめ風呂 月の輪」があります。
湯温は、ぬる目の設定です。


展望露天風呂 月下美人1.JPG展望露天風呂 月下美人2.JPG
そしてこちらが、展望露天風呂からの景色です。
夜景が、とてもキレイで絶景でした。
高くてもこれが見れたら、値段相応かなと思ってしまいます。
左が熱海市街で、右が後楽園方面の景色です。
不覚にも温泉分析書を撮るのを忘れてしまいました(^_^;)

泉温:50.9℃
pH値:7.4
カルシウム・ナトリウム-塩化物温泉(高張性・中性・高温泉)

味は、食塩泉ということでかなりしょっぱいです。
辺りが真っ暗になるまで、夜景を見ながらつかってました。

秀花園 湯の花膳
HP:http://www.syukaen.com/
※日帰り入浴:2,310円(税込)
利用時間:14:00~19:00(最終受付18:00)まで

熱海温泉 秀花園湯の花膳

熱海温泉 秀花園湯の花膳

  • 場所: 静岡県熱海市和田浜南町7-13
  • 特色: 全て【お部屋食】熱海港前の23部屋旅館。客室、大浴場より海が広がる眺望と料理でゆったりお過ごし下さい





■熱海ニューフジヤホテル
熱海ニューフジヤホテル.JPG
3日間の講習のうち、初日だけ家に帰り、2日目は宿泊としました。
その2日目のお宿、熱海ニューフジヤホテルです。
秀花園 湯の花膳さんに行ってから、ホテルに戻ってきました。
選定ポイントは、観光目的ではないという事もありズバリ安さです!
あとは、展望露天風呂があってそれなりに良さそうなお宿というのがポイントです。
高度経済成長期に全盛だったホテルだな~という雰囲気のホテルです。


フロント1.JPGフロント2.JPG
エントランス、フロント周辺はこんな感じです。
入ってすぐ右手(写真右)が喫煙スペースになっていて、
仕切りがなく臭いがしますので、
私と同じくタバコが嫌いな方は近寄らない方がいいでしょうw
写真左の左側がフロント、右奥にお土産屋さんがあります。


フロア案内.JPG
大きいホテルで、本館の他にアネックスという別館がすぐ横に併設されてます。
伊藤園ホテルズのグループのようですね。


6Fフロア1.JPG6Fフロア2.JPG
泊まった部屋が6Fでしたので、6Fフロアの様子です。


部屋2.JPG部屋1.JPG
そしてこちらがお部屋です。
写真だとキレイに見えますが、壁とか床とかかなり年季が入っています。
トイレ付のユニットバスもあり、値段の割には設備はかなり良いですが、
ホテルの内装の年式や傷み具合を観ると、値段相応かなという感じですね。
部屋に給湯器はあるのにお茶の茶葉類が置いてませんので、
飲み物は自販機等で購入する必要があります。
お菓子は3種類も置いてあったのに、ちょっと謎でした。
お茶は置いてほしいですね。


展望露天風呂1.JPG展望露天風呂2.JPG
展望露天風呂の紹介です。
展望露天風呂は本館の11Fにあります。


展望露天風呂3.JPG展望露天風呂4.JPG
脱衣所の先にさらに20~30mくらいの通路があって、下駄を履いて移動します。


展望露天風呂温泉分析書.JPG
温泉分析書です。
ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(低張性・中性・高温泉)
源泉かけ流し等ではなく、完全に加水・循環濾過式です。
その為、食塩泉なのに無味です。
あと、利用客が多い時間帯の利用はお湯の汚れが目立つので、
気になる方は利用時間をずらす等して避けた方がいいでしょう。


展望露天風呂5.JPG展望露天風呂6.JPG
こちらが展望露天風呂です。
左側が海に向かって正面の展望になってます。


展望露天風呂7.JPG展望露天風呂8.JPG
正面から見据えるとこんな感じです。


展望露天風呂9.JPG展望露天風呂10.JPG
ちょっとした高台にあるので、さすがに見晴らしはいいですね。
写真左の正面に見えるのが初島で、写真右には熱海城が見えます。


家康の湯温泉分析書.JPG
別館の方にも「家康の湯」という露天風呂があります。
こちらが温泉分析書です。
同じ源泉からひいてますね。
同様に加水・循環濾過式です。


家康の湯.JPG
家康の湯。
こちらは、ただの露天なので見晴らしは良くはありませんが、
たまにはこういった周りを囲われた露天風呂もいいですね。


朝食1.JPG
朝食会場の入口です。
食事処も別館にあります。


朝食2.JPG朝食3.JPG
朝食です。
ビュッフェで基本的なものは揃ってますが、種類は多くはない感じですね。
食事処の会場の広さは、かなり広かったです。


温泉宿としては、おススメはできません。
しかしながら、値段を考慮するとコストパフォーマンスとしては、かなり良いお宿だと思います。


熱海ニューフジヤホテル
HP:http://www.itoenhotel.com/search_hotel/hotellist/811_newfujiya/tabid/165/Default.aspx
※今回利用した宿泊プラン: 【熱海温泉を満喫♪】チェックアウトはゆとりの12時!! 手軽に一泊朝食プラン
宿泊代:6,800円(税別)

熱海温泉 熱海ニューフジヤホテル

熱海温泉 熱海ニューフジヤホテル

  • 場所: 静岡県熱海市銀座町1-16
  • 特色: 飲み放題バイキングが大人気!熱海サンビーチやムーンテラスへ徒歩5分





■日光亭 大湯
DSC_0889.JPGDSC_0890.JPG
日光亭 大湯。
熱海温泉と言えば、こちらの日光亭・大湯さんですね。
大湯間歇泉のすぐ近くにあり、
大湯と名がついている通り。
熱海の大元の源泉と言われる温泉です。
講座が終わってから、日帰り入浴で立ち寄りました。


DSC_0886.JPG
歴史ある建物で、
第4代総理大臣の松方正義の別荘として使われていた建物だそうです。
造りがしっかりしていて、そこまでの古さを感じさせない印象でした。


DSC_0923.JPGDSC_0891.JPG
中に入ってすぐ右手にカウンターがあります。
レンタルのタオルが50円で良心的なお値段です。
カウンターの向かって左奥に温泉があります。


DSC_0893.JPGDSC_0894.JPG
手前側左手と奥側右手に2つ浴室があって、
この日は手前側左手が女性、奥側右手が男性でした。


DSC_0929.JPG
温泉分析書。
湯温:94.5℃
pH値:8.07
ナトリウム・カリウム-塩化物温泉(等張性・弱アルカリ性・高温泉)
pH値が7.5以上のため弱アルカリ性なので、美肌の湯で塩化物泉なので、
保湿などのコーティング効果もある温泉ですね。
さすがに、熱海の中ではここの温泉が一番入浴感が良かったです。
温度が凄く高い高温泉で源泉100%かけ流しですので、
タンクに溜めて時間をおいて冷やして湯船に流しているとのことで、
配管の維持管理が大変らしいです。
熱海に行かれた際には、ぜひおススメの温泉です。


DSC_0918.JPG
内湯です。
かなり大きめの湯船で、
浴槽や壁に使っている石がとてもキレイでした。


DSC_0896.JPG
そしてこちらが露天風呂です。
基本的に内湯と同じ造りになってます。
庭に梅の花が咲いてて、キレイでした。


日光亭 大湯
※日帰り入浴:1,000円
営業時間:9:00~21:00(最終受付:20:00)
年中無休



■温泉つけ麺 維新
DSC_0934.JPGDSC_0932.JPG
日光亭・大湯につかった後、
お昼時だったので駅前の温泉つけ麺・維新でラーメンを食べました。
甘エビでとったエビスープと鳥、豚骨のトリプルスープが美味しかったです。


■寿し忠
DSC_0697.JPGDSC_0696.JPG
ついでに、2日目のお昼に食べたお店も紹介します。
地魚海鮮丼を1日限定30食:1,080円で出してます。
量はそんなに多くはありませんでしたが、
お吸い物も含め、味は美味しかったです。



■伊豆山神社
DSC_0935.JPGDSC_0938.JPG
ラーメンで腹ごしらえをしたら、
伊豆山神社に向かいました。
歩いて行ったのですが行った道順が良くなかったようで、
山あり谷ありの連続で、
しかも近くまで来たら、参道は境内の入口まで延々と続く階段になっています(^_^;)
400段以上もあります。
さらに、境内を含めるとおそらく600段くらいはあるかと。
良い食後の運動になりましたw
足に自信が無い方は、バスを利用した方がいいですね。


DSC_0965.JPG
手水社。
白と赤の2匹の龍のつがいがいます。


DSC_0966.JPGDSC_0961.JPG
やっと到着しました。
伊豆山神社です。
古くからある神社で、創立は五代孝昭天皇の時代と言われています。
非常に格式の高い神社だそうです。
源頼朝と妻の北条政子が結ばれた場所として、「縁結び」のご利益があるそうです。



■走り湯
DSC_0941.JPG
伊豆山神社から参道をそのまま海の方まで降りていくとある、
全国的にも非常に珍しい横穴式の源泉です。
海沿いの道に入口があります。
江戸時代から、各大名が見物にくるなど古くから名所となっていたようです。
中から湯気がモクモクと溢れ出てきています。
外にまで源泉が沸き立つボコボコ大きい音が聞こえてきます。


DSC_0948.JPG
こちらが源泉です。
湯気が充満していてほとんど見えないので見づらいですが、
細長い四角い岩の囲いの中で、
源泉が沸騰しているような感じでボコボコ湧出しています。


■伊豆山浜浴場(共同浴場)

DSC_0959.JPG
走り湯にある共同浴場です。
偕楽園のすぐ向かいの浜会館にあります、


DSC_0957.JPG
温泉分析書。
泉温:74.8℃
pH値:7.9
成分総計:10,720mg
カルシウム・ナトリウム-塩化物温泉(高張性・弱アルカリ性・高温泉)
濃い塩化物泉なので、塩辛いです。
こちらの温泉は、若干黄色味がかった色をしています。


DSC_0950.JPG
湯船です。
ザ・共同浴場といった風情ですね。
左がぬるま湯と書いてありますが、全然ぬるく無かったですw
40~42℃くらいで、右が42~44℃くらいだと思います。
地元の方が多かったですね。


伊豆山浜浴場
※日帰り入浴:大人350円、小人100円
営業時間 午後2時30分 ~午後9時
休日:木曜日



■熱海梅園
DSC_0991.JPGDSC_1001.JPG
熱海梅園にも行ってきました。
2月と言えば、梅の花ですね。
全体的には見頃は過ぎてましたが、
咲いている花もあり、園内を散策して見て周りました。


DSC_0995.JPG
奥の方には、温泉地らしく足湯がありました。
期間限定だそうです。


■かんぽの宿・別館
DSC_1007.JPG
梅園に行ってから、散策しながら歩いてかんぽの宿に行きました。
途中に風情のある建物が立ち並ぶ住宅街を抜けていきます。


DSC_1009.JPG
だいぶ登ってきましたが、まだ3分の1くらい。


DSC_1010.JPG
石碑がたくさんある神社。
趣がありますね。


DSC_1031.JPG
やっと到着。
熱海の高台の一番上の方にあるので、
途中に凄い急坂があったりして、登るのが大変でした。
バスが出ているので、バスで来た方が良いです。


DSC_1014.JPG
そんな高い場所にあるので、景色は絶景です。


DSC_1024.JPG
さっそく温泉へ。


DSC_1021.JPG
泉温:46.7℃
pH値:8.0
成分総計:1,836mg
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
加水・循環濾過式です。
最近の熱海温泉は塩化物泉化していて、その範囲が徐々に広がっていますが、
こちらの温泉は硫酸塩泉も入ってます。
混合湯で、2本の源泉をかけ合せています。


DSC_1018.JPG
内湯です。
泡風呂で、ジャグジーのように勢いよく浴槽内の横側から泡が噴き出ています。
その影響でお湯が湯船から溢れ出ているので、
湯量が豊富な感じに見えます。


DSC_1019.JPG
露天風呂。
ベランダの仕切りがあって見づらいですが、
お湯につかると下の方のわずかな隙間から、熱海の景色が一望出来て、
見晴らしはとても良いです。


かんぽの宿
HP:https://www.kanponoyado.japanpost.jp/atami/
※日帰り入浴:月~金曜日入場料(入浴料含む)600円(大人)、400円(小学生)
        土・日曜日・祝日入場料(入浴料含む)700円(大人)、500円(小学生)
利用時間:11時~19時(水曜日は13時30分~19時)最終受付18時30分

かんぽの宿 熱海別館

かんぽの宿 熱海別館

  • 場所: 静岡県熱海市水口町2-13-77
  • 特色: 【楽天限定!最大5,000割引クーポン配布中】熱海の夜景と相模湾を一望できるリーズナブルな宿。





■総評
講座受講のついでではありましたが、
今回、熱海の色んな面が見れたので、
以前よりも身近に感じられるようになりました。
日光亭・大湯は思っていた以上に良かったです。
湯の花膳の露天風呂からの夜景も絶景でした。
以前に比べるとだいぶ少なくなったようですが共同浴場もあるので、
昔ながらの温泉ファンにも楽しめる温泉地ですね。
温泉【静岡】 ブログトップ