So-net無料ブログ作成
温泉【群馬】 ブログトップ
前の10件 | -

【群馬】伊香保温泉/ホテル天坊 [温泉【群馬】]

2016年11月22日(日)、「ホテル天坊」さんに日帰り入浴に行って来ました。


DSCF3728.JPG
伊香保温泉の温泉街の手前を下って行ったところにあります。
温泉街と少し離れているので敷地に余裕があるのか、
かなり大きいホテルですね。
伊香保温泉の中でも最大級の規模だと思います。


DSCF3735.JPG
玄関の入り口の所に掲げている、凧に模した垂れ幕が存在感ありますね。


DSCF3827.JPG
玄関を入ってすぐ右手にフロントがあります。


DSCF3826.JPGDSCF3824.JPG
左手がエントランス、正面がカフェスペースになってます。


DSCF3736.JPG
温泉は、玄関から見て左奥にあります。
通路を進んでいくと朱塗りの柵があって和風な装いですね。


DSCF3738.JPG
通路の右奥にエレベーターがあります。


DSCF3739.JPG
温泉は3階にあります。


DSCF3741.JPG
こちらが「ホテル天坊」さんの温泉「天晴」の入り口です。


DSCF3744.JPG
入ったところが下駄箱&休憩室のような所になってますので、
こちらの暖簾の通路を奥に進みます。


DSCF3745.JPGDSCF3747.JPG
こちらの湯上り処で男女に分かれています。


DSCF3822.JPGDSCF3823.JPG
比較的に広い感じでしたね。


DSCF3812.JPG
温泉分析書。
■天晴・黄金の湯
泉温:41.6℃
pH:6.3
成分総計:1,050mg
泉質名:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉(中性 低調性 高温泉)
伊香保温泉は、集中管理システムなので泉質はどこも一緒です。
ただ、こちらの「ホテル天坊」さんは加温はしていますね。
そのせいか、臭いも味も弱かったです。


DSCF3794.JPG
内湯の洗い場です。


DSCF3791.JPG
洗い場のすぐ隣に「しろがねの湯」があります。


DSCF3751.JPG
内湯の奥には、「いきいきの湯」があります。
トルマリンの石を使った湯船になってます。


DSCF3783.JPG
そして手前の別室に、「こがねの湯」があります。


DSCF3759.JPG
露天風呂エリアには、
「ねたろうの湯」。


DSCF3773.JPGDSCF3770.JPG
「打たせ湯」。


DSCF3799.JPG
「だんだんの湯」があります。


DSCF3805.JPG
露天風呂は庭園チックな感じで、
紅葉が色づいていて雰囲気が良かったですね。
お風呂の種類もあって、色々と楽しんでお湯につかりたい人には良いかもしれませんね。


■ホテル天坊
HP:http://www.tenbo.com/
・日帰り入浴
利用時間:11:00~14:00(受付は13:30まで)毎週、火・水曜日定休日
入浴料:1,200円

伊香保温泉 ホテル天坊

伊香保温泉 ホテル天坊

  • 場所: 群馬県渋川市伊香保町伊香保396-20
  • 特色: 千坪の敷地に趣向を凝らしたお風呂いろいろ“天晴”と、天然記念物「三波石」の岩風呂で“湯めぐり”を。



【群馬】伊香保温泉/松本楼 [温泉【群馬】]

2016年11月22日(日)、日帰り入浴で伊香保温泉の松本楼に入浴して参りました。


DSCF3635.JPG
渋川から伊香保に通じる県道33号線に面した温泉街の入り口付近の場所にあります。


DSCF3727.JPG
正面玄関です。


DSCF3721.JPGDSCF3718.JPG
玄関を入って、右手前側にエントランスがあってその奥にフロントがあります。


DSCF3707.JPG
フロントです。
こちらで受付をしまして


DSCF3705.JPG
エレベーターはフロントの左手にあります。


DSCF3641.JPG
2階です。
「松本楼」さんには「大黒の湯」(2階)と「吉祥の湯」(8階)という2か所のお風呂があります。
日帰り入浴の時間は、男性が2階の浴室になります。


DSCF3703.JPG
「大黒の湯」の入り口です。


DSCF3701.JPG
入るとこんな感じになってまして、下駄箱があります。


DSCF3699.JPGDSCF3700.JPG
脱衣所です。
大浴場に面したところがガラス張りになってます。


DSCF3709.JPG
DSCF3695.JPGDSCF3714.JPG
温泉分析書
■黄金の湯
泉温:41.6℃
pH:6.3
成分総計:1,050㎎
泉質名:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉(中性 低調性 高温泉)

■白銀の湯(ハーブの湯含む)
泉温:15.5℃
pH:6.0
成分総計:210mg
泉質名:メタケイ酸の含有量により温泉法第2条の温泉に該当(泉温・成分総計などの基準を満たさず、泉質名が付かない温泉となります。単純温泉でもありません。)

「松本楼」さんには、「黄金の湯」と「白銀の湯」の両方の温泉があります。
昔ながらの伊香保温泉の「黄金の湯」はもちろん、
「白銀の湯」もあって2種類の温泉を楽しめます。
ただ、「白銀の湯」はメタケイ酸の含有量が一定以上なので温泉法上は温泉になりますが、
療養泉ではありませんので泉質名は付きません。
「黄金の湯」は、金気臭で味は鉄分特有の苦みがします。
こちらは源泉かけ流しで、しかも加水・加温・循環濾過もしてないので、
たっぷりと温泉を味わうことができます。


IMG_0382.JPG
こちらが「大黒の湯」の大浴場です。
手前が「黄金の湯」奥に「白銀の湯」となってます。
「大黒の湯」にちなんで、大黒様の像も飾られています。
「黄金の湯」の方が浴槽がかなり小さいのが残念ですね。
湯量が限られているから仕方ないのかもしれませんね。


IMG_0381.JPG
「黄金の湯」。


IMG_0394.JPG
「白銀の湯」。


DSCF3663.JPG
露天風呂の「バーブの湯」です。


DSCF3677.JPGDSCF3676.JPG
露天風呂ですが、2階でしかも幹線道路に面しているので、
残念ながら見晴らしは期待できません(^_^;)
車の騒音もけっこう聞こえるので、
リラックスしてのんびりつかるというのは難しいですね。


DSCF3693.JPG
こんなブルーライトの演出でオシャレっぽくしているのは、
せめてもの雰囲気づくりという感じですね。
浴室自体もオシャレな造りではあります。


■松本楼
HP:http://www.matsumotoro.com/
・日帰り入浴
利用時間:11:30~14:00
入浴料:1,000円

伊香保温泉 ホテル松本楼

伊香保温泉 ホテル松本楼

  • 場所: 群馬県渋川市伊香保町伊香保164
  • 特色: 本当に寛いで下さったお客様の笑顔が松本楼の宝物。伝わりますか『優しさ』感じますか『ふれあい』



【群馬】伊香保温泉/伊香保温泉露天風呂 [温泉【群馬】]

2016年11月21日(日)、日帰りで伊香保温泉に行って参りました。


IMG_0317.jpg
最初に向かったのが、こちらの伊香保温泉露天風呂です。
伊香保温泉は、群馬県渋川市伊香保町にある温泉地で、
群馬県では草津と双璧をなす名湯です。
発見されたのは、1900年前とも1300年前ともいわれ、
万葉集にもうたわれているくらい歴史の古い温泉地です。
その中でもこちらの伊香保温泉露天風呂は、
伊香保温泉の源泉の場所にある、露天風呂です。
ここの源泉から、石段街をはじめ温泉街の各ホテル・旅館にお湯がひかれています。


IMG_0339.jpg
敷地内に源泉があります。


IMG_0346.jpg
中を覗くとこんな感じです。
源泉は無色透明ですね。


IMG_0329.jpgIMG_0335.jpg
こちらが入り口です。


IMG_0333.jpg
入浴料は、450円と比較的に安い金額ですね。


IMG_0306.jpg
入り口を入ってすぐ、右手が脱衣所になってます。


IMG_0298.jpg
温泉分析書。
泉温:43.5℃
pH:6.3
成分総計:1,050㎎
泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉
伊香保温泉の昔ながらの源泉は、「黄金の湯(こがねのゆ)」と呼ばれていて、
黄土色で日光に照らされると黄金色に見えることからその名が付いています。
源泉は無色透明ですが、
これはお湯の成分に含まれる鉄が、
空気に触れて酸化することによって色が変色したものです。
こちらの露天風呂は源泉かけ流しですので、
加水も加温も循環濾過式も使用していない、素晴らしいお湯です。
若干ぬるっとした肌触りが心地よく、金気臭が漂っているので、
温泉につかっている感が抜群ですね。
味は鉄分特有の苦みがします。
硫酸塩泉と炭酸水素塩泉なので美人の湯であり、
しかも塩化物泉ですので温まりの湯でもあります。
肌のクレンジング効果と蘇生効果に保温・コーティング効果もあるので、
これからの乾燥する季節にはもってこいですね。


IMG_0242.jpg
そしてこちらが、露天風呂です。
写真左側の浴槽が湯口があって熱めで、右側のお湯が多少ぬるめの温度でした。
この日の1番風呂をいただきました!


IMG_0271.jpg
湯口。


IMG_0272.jpg
左側の浴槽が熱めで、右側の浴槽が若干ぬるめなお湯になってます。
若干色も違いますね。


IMG_0258.jpg
ちょうど紅葉の時期でしたので、
木々の紅葉と温泉のコントラストがよかったです。
浴感も源泉かけ流しでとてもよかったです。
旅館の温泉よりもまずはこちらという感じで、
伊香保温泉に来たらこちらの露天風呂に入浴することをおすすめします。


■伊香保温泉露天風呂
・日帰り入浴
利用時間
4月~9月:9:00~19:00
10月~3月:10:00~18:00
※定休日:第1、第3木曜日
入浴料:450円

【群馬】四万温泉/四万たむら [温泉【群馬】]

※以前あげた記事の編集です。

DSC_1372.jpg
四万たむら。
2016年4月24日(日)、四万温泉滞在2日目に日帰り入浴で立ち寄りました。
積善館を10:00にチェックアウトして、
帰りの高速バスの時間を13:00にして引き続き色々回る計画でしたので、
まずは四万たむらに向かいました。
こちらの旅館も積善館と同じくらい歴史のある旅館です。
建物全体は比較的新しいですが、
正面玄関の乾拭きがその名残を残しています。


DSC_1370.jpgDSC_1366.jpg
正面玄関を入ったフロントです。


DSC_1356.jpgDSC_1361.jpg
温泉分析書。
主に竜宮の湯と岩根の湯という、2つの源泉でまかなっているようですね。
四万たむらさんの最大の魅力は、色んな種類の浴室があるということですね。
露天風呂「森のこだま」、大浴場「甍の湯」、幻の湯「竜宮」、檜風呂「御夢想の湯」、庭園露天風呂「甌穴」、美肌の湯「岩根の湯」、貸切風呂「クリスタル」と貸切風呂を含めると7つの浴室があります。

・竜宮の湯
湯温:75.9℃
pH値:6.8
成分総計:2510mg
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉(低調性中性高温泉)

・岩根の湯
湯温:64.5℃
pH値:6.3
成分総計:1880mg
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉(低調性中性高温泉)


DSC_1345.jpgDSC_1346.jpg
露天風呂「森のこだま」です。
浴槽の形が卍のような独特な形をしています。
目の前に川があって、しかも滝になっているので、
とても眺めがよくマイナスイオンをたっぷり取り込めそうです。


DSC_1355.jpgDSC_1354.jpg
大浴場「甍の湯」。
内湯ですね。


DSC_1350.jpg
幻の湯「竜宮」。
河原にあって、川が増水すると川に吞まれて無くなることから、
幻の湯という名前が付けられているそうです。
湯温は、ぬるめです。
脱衣所は一応ありますが、狭いですしお湯で床が濡れていますので、
甍の湯のすぐ外にあり窓から出られるので、
甍の湯に入ってついでに入るのがおすすめです。


DSC_1358.jpg
美肌の湯「岩根の湯」。
打たせ湯があります。


DSC_1362.jpgDSC_1363.jpg
庭園露天風呂「甌穴」。
四万の甌穴群にちなんだネーミングですね。
湯温は熱めでした。


DSC_1365.jpgDSC_1364.jpg
檜風呂「御夢想の湯」。
ほの暗い浴室の中で、照明がほんのり明かりを照らしていて、
とても雰囲気がいい浴槽でした。
浴槽が、すべて檜で造られているので、浴感もよかったです。
お湯は適温で、茶褐色の沈殿物が多数浮いていて、独特なお湯でした。
個人的には、こちらの「御夢想の湯」と「森のこだま」がとてもよかったです。

日帰り入浴の価格が四万温泉の中では飛び抜けて高い、
というのがマイナスですが、
旅館の雰囲気も良かったですし、お湯も素晴らしかったです。
浴室も豊富にあるので、宿泊向きな旅館だなと思いました。

・四万たむら
HP:http://www.shima-tamura.co.jp/
日帰り入浴:10:00~15:00
料金:1,730円

四万温泉 温泉三昧の宿 四万たむら

四万温泉 温泉三昧の宿 四万たむら

  • 場所: 群馬県吾妻郡中之条町四万4180
  • 特色: 室町創業500年の老舗宿 桧風呂付客室で温泉堪能 大河ドラマ真田丸の舞台・岩櫃城は春のドライブ40分



【群馬】四万温泉/積善館 [温泉【群馬】]

※以前あげた記事の編集です。

DSC_1049.jpgDSC_1052.jpgDSC_1058.jpgDSC_1061.jpg
2016年4月23日(土)~24日(日)で四万温泉に訪れました。
本日のお宿、積善館です。
とても歴史のある湯宿建築で、ジブリ映画の千と千尋の神隠しのモデルになったといわれる建物としても有名ですね。
手前から、
右側手前に元禄の湯がありまして、
群馬県の重要文化財に指定されている本館と隣接する一番館、
国の登録文化財に指定されている山荘、
四万温泉の中で最も高台にある佳松亭が、
それぞれ山の斜面に段々になって建っています。


DSC_1198.jpg
早速チェックイン。
右側の券売機は、日帰り入浴や積善屋での食事で利用する場合にこちらでチケットを購入します。


DSC_1202.jpg
お部屋は、格安プランのため一番館という本館の正面向かって右隣りにある建物の部屋です。
元禄の湯のすぐ近くにありますので、
入るのに便利です。

DSC_1193.jpgDSC_1194.jpg
こちらがお部屋です。
部屋自体は、思っていたよりもちゃんとしたお部屋でよかったです。
ただ、ベッドが・・・^^;
このベッドは何とか改善したほうがよいと思いますね。


DSC_1205.jpgDSC_1206.jpg
毎日16:00から開催される、館内歴史ツアーに参加しました。
社長さんが熱弁をふるってました。
社長さん曰く、千と千尋はうちとしても宣伝に利用はさせてもらってますが、
主に宣伝しているのは日本テレビさんです!としきりにおっしゃってたのが印象的でしたw
江戸時代以前は、建物の外側に廊下があったというのがとても興味深かったです。


DSC_1343.jpgDSC_1341.jpg
館内には、資料館もあって色々と展示されています。


DSC_1304.jpgDSC_1305.jpg
本館の中の様子です。


DSC_1213.jpg
”あの”トンネルもあります!
トンネルの先には不思議の町ではなく、
山荘へ行くためのエレベーターがあります。


DSC_1285.jpgDSC_1287.jpg
こちらが、山荘という別館です。


DSC_1256.jpg
山荘からさらに佳松亭へと続く通路が伸びています。


DSC_1215.jpgDSC_1260.jpg
そしてこちらが佳松亭です。
この別館には専用のフロントと出入口があって、
建物自体が昭和末期に建てられているので、
比較的新しい造りになってます。
雰囲気が全然違って、全く別の旅館といった趣です。


DSC_1201.jpg
それでは積善館の温泉の紹介をしていきます。
まずはメインの元禄の湯。
旅館の入口のすぐ右手にあります。


DSC_1316.jpg
浴室の入口には、飲泉所もあります。


DSC_1314.jpg
温泉分析書。
泉温:67.4℃
pH値:6.6
成分総計:1830mg
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉(低調性中性高温泉)


DSC_1339.jpg
積善館といえば、こちらの元禄の湯ですね。
とても趣があって、浴感はとてもよかったです。
ここの他に「岩風呂」、貸し切りの家族風呂の「山荘の湯」、露天風呂と洗い場の充実した「杜の湯」の3か所浴室があります。


DSC_1336.jpgDSC_1335.jpg
こちらが岩風呂です。
ごつごつした岩が置かれているという感じの浴室ですね。
場所は本館の1階で、一度2階に上がって食堂の手前の階段を下りたところにあります。
こちらは混浴になってます。


DSC_1288.jpgDSC_1293.jpg
こちらが山荘の湯。
家族風呂です。
昔ながらの共同浴場の雰囲気ですね。
山荘の3階に2室あります。


DSC_1261.jpgDSC_1264.jpg
杜の湯は、佳松亭の5階(佳松亭の中では1階)奥にあります。


DSC_1333.jpg
こちらが内湯です。
すぐ外が露天風呂になってます。
他も洗い場は一応ありますが申し訳程度で、
洗い場が充実しているのはここのみなので、
体を洗う際はこちらを利用するのがおすすめです。


DSC_1271.jpgDSC_1279.jpg
そしてこちらが杜の湯の露天風呂です。
杉林の中にあって、森林浴が楽しめます。
桜の木も1本あって花びらが浴槽に舞っていて、
とても風情のある浴槽になってました。


DSC_1231.jpgDSC_1237.jpg
夕食です。
場所は、本館2階の食堂です。
昔の湯治の雰囲気を味わえますね。
夕食はお弁当のような形式で、
量が少ないという口コミをみたので、
グレードアップしてみました。
思っていたよりもちゃんとした料理が出てきて、
量も満足できました。
やはり、夕食時の生ビールはうまいですね!


DSC_1322.jpg
こちらは、翌朝の朝食です。
質素なメニューでした。
ご飯をお代わりして、凌ぎました。

総評としては、今回宿泊した部屋のベッドはかなりマイナスですが、
それ以外の部分については、まあまあでした。
元禄の湯の浴感と本館の雰囲気はとても良かったです。
値段と照らし合わせると非常に良かったですね。
宿泊については1度行けば満足、という評価ですね。
元禄の湯には、また四万温泉に行く機会があれば入りたいと思います。

・積善館
HP:http://www.sekizenkan.co.jp/
宿泊で今回利用したプラン:壱番館 床下を源泉が流れる天然床暖1名洋室(冷房完備※夏季)11,880円

四万温泉 積善館本館

四万温泉 積善館本館

  • 場所: 群馬県吾妻郡中之条町四万甲4236
  • 特色: 文化財の宿で昔ながらの湯治体験。有名映画のモデルになった「元禄の湯」を満喫♪♪1泊2食で6300円〜



【群馬】四万温泉/四万やまぐち館 [温泉【群馬】]

※以前あげた記事の編集です。

DSC_1096.jpgDSC_1099.jpg
四万やまぐち館。
2016年4月23日(土)四万温泉に行った際に、
立ち寄り湯で入浴をしました。
バス停を過ぎてすぐ右手に、
四万温泉の山口地区で一番大きい旅館の四万やまぐち館があります。


DSC_1102.jpgDSC_1148.jpg
フロント周辺です。
とてもきれいな旅館で、川側の窓際でジャズピアニストがさりげなく演奏していました。


DSC_1140.jpgDSC_1105.jpg
フロントから右手に進んで、
エレベーターで下に降りて、さらに右手に進んだ先に温泉があります。
とてもおしゃれな造りの内装ですね。


DSC_1133.jpgDSC_1108.jpg
脱衣所からガラス張りになっているので、明るくてとても開放感があります。


DSC_1136.jpg
温泉分析書。
泉温:53.1℃
pH値:7.3
成分総計:1490mg
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉(中性低調性高温泉)
成分として硫黄は含まれておりませんが、
硫黄の臭いがかすかにします。


DSC_1111.jpgDSC_1129.jpg
内湯です。
浴槽が総古代檜で造られているので、
とても浴感がよかったです。


DSC_1117.jpgDSC_1122.jpgDSC_1128.jpgDSC_1126.jpg
そして、こちらが露天風呂「渓流露天風呂四万川の湯」です。
もう1つの浴室の「お題目大露天風呂」とは日替わりで男女入れ替えになってます。
川岸にあって、川を眺めてせせらぎを聴きながら、
のんびりお湯につかれてとても癒されました。

今回は日帰り入浴での利用でしたが、
非常に印象が良かったお宿でした。
「お題目大露天風呂」と「薬師の湯」には入れてないので、
次回は宿泊で行ってみたいと思いました。

・四万やまぐち館
HP:http://yamaguchikan.co.jp/
日帰り入浴:12:00~19:00
料金:1,000円

四万温泉 やまぐち館

四万温泉 やまぐち館

  • 場所: 群馬県吾妻郡中之条町四万3876-1
  • 特色: 毎分500l源泉掛流し、美肌温泉お風呂三昧の純和風旅館、女将の紙芝居が楽しい四万温泉(美肌温泉)の宿


【群馬】草津温泉/千代の湯(共同浴場) [温泉【群馬】]

7月24日(日)、煮川の湯に続いて千代の湯にも立ち寄り湯で入浴しました。


DSCF1976.jpg
千代の湯です。


DSCF1977.jpg
建物は意外と新しめでした。


DSCF1978.jpg
入口入ってすぐのところに脱衣所があります。


DSCF1988.jpg
温泉分析書。
泉温:51.3℃
pH値:2.1
成分総計:1,650㎎
泉質:酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)
源泉は、湯畑源泉から引湯をしています。


DSCF1980.jpg
こちらが浴槽です。
小さい浴槽ではありましたが、
情緒があって浴感はなかなか良かったですね。


■千代の湯
立ち寄り湯
営業時間:9:00~17:00
入浴料:無料

【群馬】草津温泉/煮川の湯(共同浴場) [温泉【群馬】]

7月24日(日)、大滝の湯の帰り道に煮川の湯にも入浴してきました。


DSCF1925.jpg
煮川の湯。
建物はこじんまりとしてますね。


DSCF1920.jpg
脱衣所です。
狭いですが、ちゃんと脱衣所が分かれています。


DSCF1924.jpg
温泉分析書。
泉温:45.0℃
pH値:2.1
成分総計:1,430㎎
泉質:酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)
源泉は、煮川源泉を引湯しています。


DSCF1921.jpg
煮川の湯の浴槽です。
湯温は、かなり熱かったです。


■煮川の湯
立ち寄り湯
営業時間:24時間
入浴料:無料

【群馬】草津温泉/大滝の湯 [温泉【群馬】]

7月24日(日)、朝一番で入浴をしに行きました。


DSCF1968.jpg
こちらの「大滝の湯」は町営の共同浴場となってまして、
「御座の湯」、「西の河原露天風呂」と同じく有料となってます。
9:00から営業なので、ホテルで朝食をとってすぐに入浴をしに行きました。


DSCF1967.jpg
入ってすぐフロントがあります。


DSCF1965.jpg
温泉情緒ありますね。


DSCF1962.jpg
お食事処もあります。
街中にある日帰り温泉施設という感じですね。


DSCF1961.jpg
浴室の入口です。


DSCF1957.jpg
温泉分析書。
泉温:45.0℃
pH値:2.15
成分総計:1,300㎎
泉質:酸性-含硫黄-マグネシウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)
源泉は、煮川源泉を引湯しています。
煮川源泉は旅館には引湯をしておらず、
ここと共同浴場の「煮川の湯」にしか引湯をしていないので、
草津温泉の中では貴重な源泉ですね。


DSCF1933.jpg
内湯です。
かなり広い浴槽で、浴感もなかなか良かったです。


DSCF1937.jpg
露天風呂です。
いくつかの浴槽に分かれています。


DSCF1940.jpgDSCF1944.jpg
露天風呂の湯温は若干ぬるめでした。


DSCF1951.jpgDSCF1953.jpg
ここ「大滝の湯」で一番特徴的なのが、
合わせ湯といわれる浴室が存在していることです。
草津温泉で古くから伝わる温泉の入浴方法の風習で、
温泉の豊かな成分を水で薄めることなく、
事前冷却して適温になるよう源泉が浴槽を順々に巡っています。
一番湯から徐々に熱くなっているので、逆のぬる湯から入ることで
体に負担をかけずに徐々に体を慣らしていける入浴法です。
温度が低い順に38℃>42℃>44℃>45℃>46℃という温度設定になっています。
中央に位置している広い浴槽でお湯が直接注がれている浴槽が一番熱いお湯になってます。

内湯、露天風呂、合わせ湯と色々あって、
目的に合わせて温泉につかれて楽しめるのがいいですね。
特に合わせ湯は湯治の文化を感じることができるので、
ぜひ入ってみることをおすすめします。


■大滝の湯
HP:http://ohtakinoyu.com/
立ち寄り湯
営業時間:9:00~21:00(最終受付は20:00まで)
入浴料:900円

【群馬】草津温泉/西の河原露天風呂 [温泉【群馬】]

7月24日(日)朝一番で、西の河原露天風呂に入浴しました。
営業時間が7:00からなので、それに合わせて早めに現地に到着しました。


DSCF1862.jpg
西の河原露天風呂は西の河原公園の中にある、露天風呂です。
露天風呂の広さはなんと、男女を合わせると500㎡となってまして、
日本でも有数の広さを誇る露天風呂となってます。


DSCF1886.jpg
入場口です。
こちらでお金を払って入場します。


DSCF1885.jpg
入口を入るとすぐ、脱衣所の建物があります。


DSCF1866.jpg
こちらが西の河原露天風呂です。
朝霧が凄くて、湯けむりと合わさって
霧と湯気が区別がつかないくらいかなりモクモクしてましたw
これはこれで神秘的な雰囲気ですね。
この日の一番風呂いただきました!


DSCF1882.jpg
奥の方はこんな感じです。
とにかく広い露天風呂です。

こちらの西の河原露天風呂の源泉は、万代鉱源泉から引湯をしています。
これだけ広い露天風呂の湯量をまかなうとなると、
やはり草津で一番湯量が豊富な万代鉱源泉ということになるのだと思います。
さすがは自噴の自然湧出の湯量日本一の草津温泉ですね。


■西の河原露天風呂
HP:http://sainokawara.com/
立ち寄り湯
営業時間:7時~20時(12月~翌3月9時~)受付~各19時30分
入浴料:600円

前の10件 | - 温泉【群馬】 ブログトップ