So-net無料ブログ作成
検索選択

【大分】湯布院温泉/奥湯の郷 [温泉【大分】]

2017年1月7日(土)。
湯布院温泉の「奥湯の郷」に立ち寄り湯で入浴しました。
大分県由布市湯布院町川西にあり、
湯布院温泉とはいっても、
湯布院の温泉街からはかなり離れた南の外れの山の中にあります。
やまなみハイウェイから側道に入り、山の中の山道をかなり分け入った所にあります。
秘湯の温泉宿といった雰囲気です。


IMG_3351.jpg
宿の入口です。
平屋建てで、3部屋のみとのことでごく小規模な温泉宿です。


IMG_3345.jpg
こちらが玄関です。


IMG_3348.jpg
玄関を入ると左手にフロントがあります。


IMG_3349.jpg
建物内、右手の窓側です。


IMG_3346.jpg
温泉は別棟にあります。
正面右奥の方に行くと小屋があります。


IMG_3343.jpg
こちらが温泉の小屋です。
浴室は2つあって中の造りは一緒です。
貸切のお風呂なので、どちらか好きな方に入ります。


IMG_3339.jpg
温泉分析書。
泉温:99.0℃
pH:8.8
成分総計:1,798mg
泉質:ナトリウム-塩化物温泉(アルカリ性・低調性・高温泉)
pH値が8.5以上の強アルカリ性ですので、ツルツルした肌触りです。
一番の特徴が湯の色がコバルトブルーの青色の温泉になってます。
コバルトブルーの温泉は大変珍しいですが、
湯布院の温泉には、コバルトブルー色の温泉がけっこうありますね。
メタケイ酸の光の作用によって青く見えるようになってます。
今まで入ってきた温泉の温泉成分から見た傾向として、
アルカリ性の食塩泉でメタケイ酸が多く含まれる温泉は
コバルトブルーの青色の温泉が多い気がしますね。
硫黄泉ではありませんが、
硫化水素イオンが僅かに含まれるせいか硫黄臭と共に
メタケイ酸が多く含まれる温泉に特有の臭いがしました。


IMG_3325.jpg
にごり湯番付なるものもありました。
温泉チャンピオンで有名な、郡司勇氏によるものです。


IMG_3328.jpg
内湯です。
内湯の浴槽はかなり小さくてコンパクトですね。
小規模な温泉宿ですので、これでちょうどいい大きさかもしれませんね。


IMG_3329.jpg
湯口です。
配管で浴槽の中にあるので、
浴槽の湯面はご覧の通り、波が立っていないまっさらな状態です。
コバルトブルーの綺麗さが際立ちますね。


IMG_3318.jpg
そして、こちらが露天風呂です。
岩風呂です。
見晴らしはそれほどではありませんが、
山奥にある温泉なので、開放感はあります。


IMG_3322.jpg
露天風呂の湯口です。
こちらも配管で浴槽の中に湯口を通してます。


IMG_3321.jpg
露天風呂の方がジャッカンぬるめでした。
景色を見ながらゆっくりお湯につかるには良いですね。
他にお客さんが来ていなくて静かな雰囲気で、
のんびり満喫しました。


■湯布院温泉/奥湯の郷
HP:http://www.okuyunosato.com/
住所:大分県由布市湯布院町川西2044番地
TEL・FAX:0977-84-2789
・立ち寄り湯。
営業時間:10:00~15:00※要確認
入浴料:500円


nice!(47)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 47

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: