So-net無料ブログ作成
検索選択

【大分】別府 観海寺温泉/いちのいで会館 [温泉【大分】]

2017年1月3日(火)。
別府八湯の観海寺温泉の「いちのいで会館」に立ち寄り湯で入浴しました。
別府八湯温泉道の57湯目、温泉道登録番号:73。
別府の市街地の住宅街を抜けた先の山の麓の坂の上にあります。
こちらの「いちのいで会館」は、
温泉に入るにはお食事が必須となってます。
温泉とお食事のどちらが先かは選択が出来ますので、
混雑状況を見て決めるのが良いですね。
温泉はコバルトブルーの色をした温泉で、
全国的にも希少なためとても有名で人気のある温泉です。


IMG_1591.jpg
こちらが建物の外観です。
建物の向かって左手の奥に駐車場があります。
1階がお食事を作る場所と最後に清算をする場所になってまして、
2階が玄関とお食事処になってますので、
まずは脇の階段で2階に上がります。


IMG_1593.jpg
こちらが玄関です。


IMG_1636.jpg
中に入って通路の奥に行きますと、
左手にお食事処がありまして、
通路の奥には外に出る出口と下駄箱があります。
先にお食事をする場合は左手のお食事処で、
風呂が先の場合には奥の出口から温泉に向かいます。
私は先にお食事をしました。


IMG_1596.jpg
お食事処です。


IMG_1594.jpg
だんご汁定食を食べました。
けっこうボリュームありました。
朝ごはんをたくさん食べるので、けっこうお腹がいっぱいに(^_^;)


IMG_1597.jpg
食事を済ませたら、温泉へ!
先ほどの奥の出口から外に出ます。
出てすぐの所で、道が2手に分かれています。
右が「景観の湯」で、左が「金鉱の湯」になってます。
この日は男湯は「金鉱の湯」の方でした。
よく紹介される見晴らしの良いのは、「景観の湯」の方ですね。


IMG_1635.jpg
左手の道を進んで行きますと、
奥に露天風呂が見えてきます。
ちなみに、昔の金鉱はこの左手の階段を下りた所にあります。


IMG_1638.jpg
温泉分析書。
泉温:不明
pH:不明
成分総計:不明
泉質:ナトリウム-塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
詳細な温泉分析書は無いとのことでしたので、
こちらの紹介のみでご容赦ください。


IMG_1640.jpg
こちらが源泉のある場所ですね。
露天風呂のすぐ右手前の崖の岩肌にあります。
湯気が立ってますね。


IMG_1627.jpg
そしてこちらが「金鉱の湯」の露天風呂です。
「景観の湯」ほどではないですが、
見晴らしはとても良くて開放感あります!
別府の街が見渡せます。
お湯の色がコバルトブルーですね。
お湯の感触はツルスベ~な肌触りでした。


IMG_1598.jpg
入り口側です。
先ほどの源泉から2本のパイプでお湯が提供されています。
入口から見て手前側がぬる湯(画像ですと奥側)、
奥側があつ湯(画像ですと手前側)になってます。
あつ湯はかなり熱くて、長時間お湯につかるのは難しいです(^_^;)


IMG_1630.jpg
湯口です。


IMG_1601.jpg
露天風呂の奥にある山肌には、
小さな滝がありました。


IMG_1633.jpg
IMG_1632.jpg
浴槽のお湯はこんな感じで、
ジャッカン白みがかってますがしっかりコバルトブルーの色をしてました。
泉質としてはよくある食塩泉ですが、
メタケイ酸も多く含まれていて
そのメタケイ酸が光の作用で青く見えるためですね。
日によって色が変わるとのことで、
タイミングよく来られて良かったです。
浴感もとても良かったです。
またぜひ訪れたい温泉でした。


■いちのいで会館
立ち寄り湯
営業時間:11:00~受付16:00、10:00~受付16:00(土曜、日曜、祝日)
入浴料:お食事代


nice!(99)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 99

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: