So-net無料ブログ作成
検索選択

【大分】別府 明礬温泉/鶴寿泉 [温泉【大分】]

2017年1月2日(月)。
場所を鉄輪温泉から明礬温泉に移りまして、「鶴寿泉」に入浴しました。
別府八湯温泉道の31湯目です。
温泉道登録番号:57
「岡本屋旅館」と「湯元屋旅館」のすぐはす向かいにあります。
こちらの「鶴寿泉」、市営の温泉でなんと!無料で入浴ができるのです!!


DSCF4107.jpg
木像のとっても趣のある建物です。
お地蔵さんが祀られています。
戦国大名の大友宗麟が湯治場として開発したと伝えられる明礬温泉の一角にありまして、
古くは下の湯、鶴亀泉とも呼ばれていたそうです。
時が変わり江戸時代の藩制時代には日本一の良質な明礬が採取できる地として有名だったと伝えられています。
そして明礬製造所が設置され、時の領主、久留島候がここを訪れた時に村人が浴室を作り入浴させたところ、大いに喜び「鶴寿泉」と名付けられたそうです。
現在の温泉は、2006年に建設されたもので、比較的新しい温泉ですね。


DSCF4109.jpg
温泉分析書。
泉温:61.8℃
pH:1.7
成分総計:1,583mg
泉質:酸性-含鉄-硫酸塩温泉(酸性 低張性 高温泉)
硫黄泉ではありませんが、明礬泉の特徴なのかお湯は乳白色の温泉でした。
酸性のお湯ですので、ピリピリした感触です。
お湯は熱めでした。


鶴寿泉1.jpg
※画像はフリー素材です。
浴槽は小さいですが、全て木造りでしたので浴感はとっても抜群でした。
無料ということもあってか、絶え間なく入浴客が訪れる人気の共同浴場です。
こんな素敵な温泉が無料で入れたら、毎日でも通ってしまいそうです!


■鶴寿泉
営業時間:7:00~20:00
入浴料:無料



nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: